« 3月分②:「パロディ、二重の声」 | トップページ | 東洋文庫の「ロマノフ王朝展」 »

2017年4月 6日 (木)

3月分③:三月大歌舞伎夜の部

326日 三月大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)
28日の俳優祭はコーフンの冷めぬうちにアップしたし、3月分の積み残しは、これで全部。
またまた事情があって「引窓」はパス。ぎりぎり終わる頃歌舞伎座に入ったら、扉の外に音が聞こえるし、雰囲気が感じられて、やっぱり見たかったなあと残念に思った。
「けいせい浜真砂」
藤十郎さんが、そこにいるだけで存在感の大きさを示していた。ただ、声が小さくて、黒御簾さんも遠慮してずいぶん音を控えていたが、それでも聞き取りづらい部分がかなりあった(「絶景かな」とか「心地よい眺め」とかは聞こえた)。こっちの耳も老化しているからね~。というわけで、筋書き読むまでは話の内容がわからなかった。
仁左様登場。背が高く、すっきりとかっこいい。仁左様がセリあがったらその分山門も上がるから、3階最後列ではついに藤十郎さんのお顔が見えなくなった。この席はとても好きなのだけど、弁天小僧の大屋根なんかも、上の虹梁(?)の中に入ってしまうと全然見えなくなるのが難点。ま、しょうがないか。
鷹が運んできた手紙の縁が赤かったのや、藤十郎さんが投げたのが手裏剣ならぬ簪、というところで女五右衛門の雰囲気を盛り上げた。
「助六由縁江戸桜」
立見がたくさんいた。やっぱり「助六」は昂揚するよなぁ。
口上の右團次さんは古風かつ名跡な口跡でわかりやすかった。「河東節300年をお祝い申し上げます」と丁寧に言っていた。
並び傾城が若手勢揃いで目を楽しませてくれる。私としては新悟クンの声のきれいさに酔い(ほんと、新悟クンの声好き)、梅丸クンの愛らしさにたまらん…(ほんと、めちゃくちゃ可愛いんだから)。でも、右近クンの構えというのか肩や腕の上げ方・角度が一番かっこいいと思って見ていた。傾城の粋・意地みたいなものが感じられて(立役もやるからか)。
揚巻の雀右衛門さん、江戸随一の傾城であり江戸一のいい男の恋人であることの誇りに加え、情の細やかさがにじみ出ているのがこれまでの揚巻とはちょっと違うような気がした。また、意休への啖呵もきっぱりしていて、優しい雀右衛門さんの意外な一面を見た感じがした。とても好感のもてるいい揚巻だ。
歌女之丞さんが手紙を持ってきた時、前回公演時(20136月)の文使いは歌江さんだったんだよなあと、その姿がはっきり脳裏に甦った。前回は通人だって三津五郎さんだったんだし…。
白玉が梅枝クンだったのには驚いた。大抜擢。堂々としていて立派。雀右衛門さんが並び傾城→白玉→揚巻コースを辿ったことを思うと、いずれ梅枝クンも揚巻をやるかしら。
助六の出の所作は花道七三より奥だと見えない。下駄の音だけで想像する。助六が本舞台に登場するまでの間、意休の存在を完全に忘れていた。ほんと、「あっ、いたのか」というくらい。

巳之助クンの福山かつぎは威勢がよくて、とても合っていると思った。けんどん箱の蓋が花道舞台寄りに落ちてしまい、ハラハラしていたら、かつぎがくわんぺらに怒られて謝っている間に後見の右之助さんがさりげなく拾って差し込んでいた。舞台を邪魔しないそのタイミングといい、目立たなさといい、さすがに右之助さんだと感銘を受けた。他にも菊五郎さんがかぶった赤い毛氈をかぶせ直したり、細かいところまでてきぱきとやることが多くて大変だけれど、芝居の邪魔をしない甲斐甲斐しさは、まさに後見の鏡だと思った(以前、よく梅之時代の梅乃さんが後見の心得としてそういうことを書いていたんだよね)。
助六がくわんぺらと朝顔仙平に毒づくセリフがかっこよくて心地よい。意休にはやりたい放題のやんちゃぶりだし。怒らせて刀を抜かせたいのに、あとわずかというところではっとした意休が鞘に納めてしまい、残念と見ている私も思った。でも、ひさ~しぶりにやんちゃな海老ちゃんを見た気がして、すっごく盛り上がったし嬉しかった。やっぱり海老蔵はこうでなくっちゃ。

助六が素足で意休の手下を蹴散らした後、下駄を履かせるのに後見さんが懐紙で助六の足の裏をさっと払っていたのが印象的だった。
田舎侍は市蔵さんと誰かと思ったら九團次さんだった。九團次さんデカいから菊五郎さんの股をくぐるのは大変そう。
通人の亀三郎さん、役の幅が広がっている。海老ちゃんの股をくぐる時は消臭剤をシューして「♪しょうしゅうりき~♪」。菊五郎さんには香水だかオーデコロンをかけ、2人の股をくぐったら「喉がかわいた。お~いお茶」「真っ黒になって家族が嘆くから帰ろう。帰るかえる、かえると言えば、私、名を変えます」「彦三郎をよろしく」とその場をさらって行った。
欲を言えば水入りまで見たかったけれど、時間も時間だし、みんな大変だし、全部、面白かったから満足。
<上演時間>「引窓」69分(16301739)、幕間15分、「女五右衛門」10分(17541804)、幕間30分、「助六」124分(18342038

|
|

« 3月分②:「パロディ、二重の声」 | トップページ | 東洋文庫の「ロマノフ王朝展」 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ

海老蔵の助六はいいですね。
役に「ハマった」時の魅力は無類(敵なし)です。
巳之助のかつぎもお父さんを彷彿とさせてホロっとさせられます。
梅枝の白玉も上々吉!
(将来)菊之助の助六の時は揚巻ですかね。
あと良かったのは市蔵の国侍(鉄板ですね)と右團次の口上かな。
おっと亀三郎の通人もですね。
さらっとしていてそれでいて粋で決して悪乗りはせず、お手本のようでした。

並び傾城が新悟→右近→廣松→児太郎→梅丸
というのもなかなか興味深いですね。
児太郎と廣松は逆かと思いました。
(新悟と右近もかな。)
廣松が前というのは、揚巻を京屋さんが演じていることもあると思いましたが、
廣松が雀右衛門の跡取りとなるのかもしれませんね・・・

「引窓」はご覧にならなかったのですね
右之助さんが良かったですよ!!
古典の老母役として益々貴重な役者さんになってきました。

投稿: うかれ坊主 | 2017年4月 7日 (金) 19時52分

うかれ坊主様
こんばんは。コメントありがとうございます。
助六は本当に海老蔵さんにぴったり‼ いずれ勸玄クンもやるのかなあ、なんて1月に録画した「市川海老蔵にござりまする」をやっと見て思ったのでした。
梅枝さんの揚巻、見たいけれど、菊之助さんが助六をやるでしょうか…。それより、海老蔵・梅枝カップルの共演がしばらくないので、そっちで見たい気がします。何年後かに実現しないかしら。
廣松クンに関しては、京屋の親類だからかと私も思いました。京屋を継げるよう、精進してほしいです。
「引窓」は見られなくてとても残念でした。右之助さんは、お幸、助六の後見と大活躍でしたのね。

投稿: SwingingFujisan | 2017年4月 7日 (金) 23時12分

音羽屋さんの時は「助六曲輪菊(モモヨグサ)」になりますが、六代目も七代目も上演していますし、絶対演じてくれると思いますよ。
お父さんも菊五郎襲名時でもやっていますし、平成元年の舞台も拝見しています。
因みに、六代目、七代目は助六と揚巻の双方を演じています。菊之助も揚巻はすでに経験済みですから音羽屋は双方を演じる家系かも。戦後はほかにそうした例はないようです。

投稿: うかれ坊主 | 2017年4月 8日 (土) 00時04分

うかれ坊主様
ああ、そうですね、助六と言っても外題によって色々あるのをうっかりしておりました。私は「ももよぐさ」は見たことがありませんが、菊五郎さんの「黒手組」は見たことがあります。
揚巻は梅枝さんで見たいところですが、右近クンという線も考えられるかも。いずれにしても、「私が元気なうちに上演お願いします」ですわ(^-^;

ところで、「東京原子核クラブ」、早速購入し読んでいます。基本、本は電車の中でしか読まないのでまだ第一幕の途中ですが、演出ノートも含めて面白い‼ 教えてくださってありがとうございます。

投稿: SwingingFujisan | 2017年4月 8日 (土) 17時28分

音羽屋系は河東節でなく清元になりますよね。市川宗家に遠慮してそうなったものと思います。

「戯曲」の件、早速、入手して下さりとても嬉しいです。個人的には大久保桐子役が好きです。あとガロという犬も!

投稿: | 2017年4月 9日 (日) 09時58分

うかれ坊主様
そうですね。河東節は市川宗家の時だけですものね。
河東節が入るということでも華やかさが増すような気がします。

平和館の人々、みんな個性的で面白いですね。まだ前半途中ですが、それぞれが目に浮かぶようです。あの人たちの間にいるのはやはり桐子さんじゃなくちゃ、という感じです。私の大好きなアメリカのドラマ「ナンバーズ」(テレ東で今、毎日やっています)の登場人物でラリーという物理学者がいるのですが、友田さんはなんとなくラリーと重なります。ただ、なんとなく、なんですけど。

投稿: SwingingFujisan | 2017年4月 9日 (日) 23時37分

名前を入れずに申し訳ありませんでした!

ガロでなくガロアでしたね
淡い恋も切ないです・・・

昨日、赤坂大歌舞伎を観てきました。
SwingingFujisanさんのレポのあとコメントさせてもらいます~

大向こうの堀越さんがおいででした。新作でも大向こうがかかると気持ちがよいですね。

投稿: うかれ坊主 | 2017年4月10日 (月) 07時55分

うかれ坊主様
お名前はすぐにわかりました(^-^)

ガロアはあの有名な数学者から取った名前なんですね。

赤坂歌舞伎、ご覧になったのですね。私は千穐楽の観劇ですので、しばらくお待ちくださいませ。この前、TBSで紹介していたのですが、即寝てしまい、ほとんど見ないも同然でした。亀鶴さんが出演なさるので楽しみにしています。

投稿: SwingingFujisan | 2017年4月10日 (月) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3月分②:「パロディ、二重の声」 | トップページ | 東洋文庫の「ロマノフ王朝展」 »