« 吉之丞さん、幸雀さん休演 | トップページ | 3月分①:「続 新説西遊記」 »

2017年4月 2日 (日)

六月歌舞伎座演目・配役発表

六月歌舞伎座の演目と配役が発表になった。詳細は→ココ
昼の部は
 名月八幡祭
 浮世風呂
 弁慶上使
夜の部は
 鎌倉三代記
 御所五郎蔵
 一本刀土俵入

浮世風呂は初めて見るし(いつだったか、猿之助/亀治郎さんがやって評判だったような記憶が)、弁慶上使は久しぶりだし、昼の部がまずは楽しみ。
夜の部は、鎌倉三代記は私には鬼門だし、御所五郎蔵は演目として好きでないし(でも仁左様‼!)。一本刀土俵入はやっぱり猿之助さんかな。
名月八幡祭に「坂東亀蔵」のお名前が‼ おっ、松也さん久々の女方、と思ったら笑也さんだった。上の松緑さんに引かれて読み間違えたcoldsweats01

|
|

« 吉之丞さん、幸雀さん休演 | トップページ | 3月分①:「続 新説西遊記」 »

公演情報」カテゴリの記事

コメント

いつも情報ありがとうございます!
御所五郎蔵は両花道でみたいですが恐らく無理でしょうか。
縁切りでは下駄を脱ぐか脱がないかで十五代目(羽左衛門)と六代目(菊五郎)で演じ方が違うんですよね。
それにしても松嶋屋の相手ですが土右衛門は左團次になるのは仕方ないのかもしれませんが、ほかに役者がいないのかという思いもあります(まぁ今回の座組なら歌六でしょうか)意休もほぼ判で押したように左團次ですのでご苦労様という感じが致します。
さて昼の狂言建ては、大幹部役者のご都合(ないしは配慮)もあるのでしょうが、最近「一番目(時代)、中幕、二番目(世話)」の決まり事が崩れていることが多く心配です。そんなこと関係なしになっていくのでしょうか・・・

投稿: うかれ坊主 | 2017年4月 3日 (月) 17時40分

七月の松竹座も発表されていますね!!
松嶋屋は親子で昼夜分担という感じです。
時蔵さんが出るので久しぶりに行きたいと思っています。
だいぶ以前のことですが今回と同じく松竹座で「夏祭」がかかった時に、大阪の友人と舞台を観終って近くのお店で食事をしていたらそこに時蔵さんが夫人を伴って入ってきて、びっくり。
たまたま持って行った舞台写真(「吃又」のおとく)にサインを頂いた懐かしくも嬉しい思い出があります。
一人でしたらとてもとても出来なかったと思います。
プライベートでいらしているときに申し訳なかったですが気さくに応じてくださいました。

投稿: うかれ坊主 | 2017年4月 3日 (月) 18時23分

うかれ坊主様
こんばんは。コメントありがとうございます。
左團次さん、ますますお元気ですよね~(ブレないヘンタイぶりも)。土右衛門は若手では松緑さん、ベテランではやはり左團次さんが多いですね。吉右衛門さんも一度やっていらっしゃいますので、仁左・吉で見たかったような気もします(「盟三五大切」での共演が忘れられなくて)。意休にしても、意外と層が薄いのかなと心配になります。
縁切の下駄は気が付きませんでした。忘れないように見なくては(その前に寝ないようにしなくては)。
たしかに昼の部、一番で「名月八幡祭」とは…。ま、色々事情があるのでしょうね。

松竹座は演目と配役はとても魅力ですが、私は多分行かないと思います。

時様とのそんな思い出があったんですね。サイン、うらやましいです。ちょうど写真をもっていらしてラッキーでしたね。役者さんもご自分の写真にサインをするのは嬉しいのではないかしら。

ところで話は飛びますが、今年の子供のためのシェークスピア(「リア王」)、伊沢磨紀さんは出演なさらないようですよ。

投稿: SwingingFujisan | 2017年4月 4日 (火) 00時59分

「子供のためのシェークスピア」情報ありがとうございます!!
今年は「リア王」ですか!
海外赴任中は日程があわず、すべて欠席していますので愉しみです。(熱海五郎一座も同様です)
伊沢さんは男役もできるので貴重なキャストだと思っていましたが日程が合わなかったのですかね。個人的にはかなり残念なニュースです。
週末、部屋を整理していたら、イエローヘルメッツのストラップ2つが出てきたところでしたのでこのニュースはナイスタイミングでした。(PS:小三山さんのストラップも出てきましたよ)

「縁切り」は下駄は脱ぐのがそれまで一般的だったようですが、六代目は怒っている(冷静さを欠いている)のに下駄を脱ぐ余裕があるはずがないという解釈で履いたまま床几に足をかける・・・と記憶しています。

時蔵丈にはその時、たまたま持参していたお父様(四世)の写真も一緒にお見せしたんですよね。

八世幸四郎は昼の部の一番目にきちんと出ていたと聞いていますけどね。まだ壮年のころの話かもしれません。
思えば大幹部も七十を回っているわけですから仕方ないのかもしれませんが、昼の一番目と夜の二番目は若手に託し、その間(昼の二番目と夜の一番目)は幹部同士の共演を期待したいところです。

投稿: うかれ坊主 | 2017年4月 4日 (火) 08時03分

何回も書き込みして申し訳ないですが「御所五郎蔵」は縁切までは時間的に上演しないような気がしますね。「五条坂仲之町の場」だけで甲屋与五郎の「留め」で幕のような・・・

投稿: うかれ坊主 | 2017年4月 4日 (火) 08時49分

うかれ坊主様
おはようございます。たくさんコメントをいただき、ありがとうございます。
常連の伊沢さんのお名前がないのは淋しいですよね。
イエローヘルメッツのストラップ‼ 買おうかなと思いつつ、記念品を増やすのはやめたのでした。小山三のストラップもずいぶん迷いました。今となっては買っておけばよかったかな…。

縁切りのない五郎蔵なんて、と思いますが、そうですね、時間的にはありえなくはないですね。後味的には途中で留めたほうがいいかもしれません。

投稿: SwingignFujisan | 2017年4月 4日 (火) 10時25分

こんばんは
最近の歌舞伎座、時代物と世話物の順番がおかしい演目建てが頻繁でこまったものですね。6月の御所五郎蔵、皐月が出るので縁切りはやるのでしょう。それにしても雀右衛門、過密スケジュールですね。これも福助、長期休演の影響でしょうか。働きすぎかなとも思います。
このところ、幸四郎が猿之助を相手役に選んでいるのは興味深いですね。猿之助もこのチャンスを存分に生かしてほしいものです。年上の立ち役との共演、皆、芸がワンランク以上アップします。今月の熊谷陣屋、珍しく猿之助が随分緊張しているようなきがしましたが、一本刀は結構息が合ったところを見せるかもしれません。(染五郎との伊勢音頭の万野は、打って変わって手強く演じていましたが。)数年前の歌舞伎座正月の幸四郎の一本刀、とにかく後半、格好よかったですよ。幸四郎、本質的な芸風からすれば、やはり近代劇(現代劇?)が、にあっているのでしょう。私的には播磨屋よりも好きな茂兵衛です。
 ところで、国立の10月、松嶋屋が「亀山の仇討ち」を久しぶりに東京上演とのこと、期待大です。この優、大南北の作品、よく合います。

投稿: レオン・パパ | 2017年4月 5日 (水) 21時09分

レオン・パパ様
こんばんは。コメントありがとうございます。
演目建ての変化は時代の変化なんでしょうか。残すべきところは残してほしいなと思います。
1人の役者さんに偏るというのは、それだけ層が薄いと言うことでしょうか…あれだけ役者さんがいるようで、それぞれのニンもあるし、案外少ないんですね。
幸四郎さんと猿之助さんというのがいま一つピンとこないのですが、多分初めて見るので楽しみです。猿之助さんも一座の中心ではありますが、まだまだ先輩役者から教わらなくてはいけないことがたくさんあるでしょうし、こういう経験は大きな糧になるんでしょうね。
一本刀は、吉右衛門さんのはあまり好きになれませんでした。幸四郎さんの茂兵衛に自分がどう反応するか、楽しみです。

国立情報、ありがとうございます‼ 「亀山の仇討」は見たことがありません。またまた大きな楽しみができました。大南北が似合う――「絵本合邦衢」、よかったですものね~。また時蔵さんと共演されたら嬉しいけれど、どうでしょうか。

投稿: SwingingFujisan | 2017年4月 5日 (水) 22時15分

「子供のためのシェークスピア・リア王」のチケット取りました!今回は情報頂き、本当にありがとうございました。
公演のチラシが事前に手に入らなかったので、教えて頂かなければ取れなかった(日程が合わなかった)ところでした。

7月16日18:00~です。アフタートーク(出演:松岡和子、山崎清介)もあるので、開幕前のお愉しみと共に二重に愉しみです。

この日はこまつ座の「イヌの仇討」とハシゴになります。
(こちらも初演を観ただけで久しぶりの再演なので愉しみです)

日本に戻ってきて、ここ3年くらい観ることの叶わなかった舞台がこうして観られることにただただ有難いです。

世の中の平和(地球上でままならぬ状況に置かれている人々には申し訳ないですが・・・)と己の健康に感謝ですね。

劇団昴の「アルジャーノンに花束を」も思い出の作品なんですが、7月に公演があるので取りました。
SwingingFujisanさんも「ミュージカル版」はご覧になったということでしたが、こちらの「舞台版」もお薦めですよ。

なんだかんだで日本の生活に慣れてきた今日この頃です。


投稿: うかれ坊主 | 2017年5月13日 (土) 12時30分

うかれ坊主様
こんばんは。
リア王、お役に立ててよかったです。ところが私の方は色々な事情が重なって、7月の予定が立てられません。優先順位で歌舞伎座だけは取るつもりですが…(「イヌの仇討」も見たいのですが、ぎりぎりでは空席なしになってしまうかも)。
お好きなお芝居をご覧になれるのは本当に幸せですよね。東日本大震災当時のことを思うと、私も今の状況はありがたいと感謝です。
劇団昴の「アルジャーノン」、見たことありますよ‼ 2007年、チャーリーは平田広明さんでした。感動しました。

投稿: SwingingFujisan | 2017年5月13日 (土) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉之丞さん、幸雀さん休演 | トップページ | 3月分①:「続 新説西遊記」 »