« 大英自然史博物館展 | トップページ | 五月大歌舞伎夜の部 »

2017年5月29日 (月)

0.2ミリからヒトへ:「卵からはじまる形づくり」

525日 「卵からはじまる形づくり」(国立科学博物館)
170529egg 自然史博物館の後、日本館でやっていたので、覗いてきた。地球館でも展示があったようだけど、疲れて足を運べなかった。
「あなたも私も、みんな最初は直径0.2mmの受精卵でした」で始まる展示。本当に不思議だよね、0.2ミリの卵が細胞分裂を繰り返して(昔、生物の授業でやったけど、苦手だったな)、約10週後にはヒトの形になるのだから。ここではまず、成長のモデルとしてニワトリを取り上げ、腸管、脳、手足、骨などができる様子が紹介されている。ニワトリとヒトの遺伝子の数には大した差がなく、体ができていく仕組みはよく似ているのだそうだ。脳の発生はすべての脊椎動物で共通していて、基本の管からどの部分が発達するかが動物によって違うのだそうだ。大脳はやっぱり人間が一番大きく、大脳の大切さをあらためて認識した。
私が興味を持ったのは細胞の標識。ゼブラフィッシュ(1世代3カ月)やメダカの受精卵に試薬を注入する技術で、蛍光色素で標識された細胞が分裂していく様子を追跡することができる。観察していたら面白いだろうなあと思う。
植物も卵から始まる。植物の受精卵ははじめ動物のそれとよく似た卵割をするが、動物のような原腸形成は行われない。つまり動物は増えた細胞が激しく動いて原腸ができあがり、その後各胚葉から多くのパーツ(器官)が発生するけれど、植物は葉、茎、根の3パーツだけを作るのだ(もちろん、これ全部受け売り)。

細胞移植、生殖細胞、細胞の再生、分化…難しいけれど興味深い。自然史でエネルギーを使ってしまったので、さ~っと流して見たが、元気な時にこれを中心に見たい展示だった。理研100年と同様知っていたら、絶対別の時に行っていたのに。

|
|

« 大英自然史博物館展 | トップページ | 五月大歌舞伎夜の部 »

ちょっとサイエンス」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大英自然史博物館展 | トップページ | 五月大歌舞伎夜の部 »