« 出ずっぱり愛之助さん大活躍:明治座昼の部 | トップページ | ショック、獅童さんの肺癌 »

2017年5月10日 (水)

懐かしのアラン・ドロン

夕方のNHKで、「アラン・ドロン近く引退」というニュースを見た。
当時の私はベルモンド派ではあったが、確かにあの頃のアラン・ドロンは美男子そのものだった(イケメンじゃない、美男子、ハンサム)。画面で若かりし頃のアラン・ドロンの色々な表情を見て、懐かしさでいっぱいになった。
代表作として「太陽がいっぱい」が挙がるのは当然だろうが、私としては絶対「冒険者たち」だ。ジョアンナ・シムカスの新鮮な魅力、リノ・ヴァンチュラの渋い魅力と相俟ってアラン・ドロンもステキだった。
マリアンヌ・フェイスフルとの共演「あの胸にもう一度」の衝撃のラストは忘れられない。
大学のクラブの先輩が大のドロンファンで、「悪魔のようなあなた」がイチオシだと力説していた顔が今、思い浮かんできた。
ドロンの映画は何本見ただろうか。しかし私がだ~い好きなカトリーヌ・ドヌーヴとの共演がないことを不満に思っていたら、ついに「リスボン特急」で実現した。でも、どんな映画だったっけ。忘れているところをみると、期待が大きいだけにちょっとがっかり映画だったのかもしれない。でもさ、美男美女がスクリーンで大写しになるってだけで、当時の私はよかったのかも。
ま、何と言っても日本人には
D'urban, c'est l'elegance de l'homme moderne. と
Paroles Paroles だね。

|
|

« 出ずっぱり愛之助さん大活躍:明治座昼の部 | トップページ | ショック、獅童さんの肺癌 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

アラン ドロンと言えば少し前に「若者のすべて」をニュープリントで観ました。ビデオで観たときは何か暗くて良くわからないところがあったのですが凄絶な兄弟喧嘩とレイプの暴力場面が検閲に合わないように暗くしたとのことでした。ヴィスコンティ監督の美学でしょうか。冒険者たちはジョアンナ シムカス、リノ バンチェラと共演者も良かったですね。男二人に女性一人という設定は後の映画に影響を与えたようです。翌9日は明治座昼の部と歌舞伎座夜の部を観ました。月形半平太は大向こうが掛けづらいです。三人連獅子は初見です。子獅子の種之助丈が良かったです。坂東家襲名はおめでたいです。残念ながら名古屋までの新幹線の都合で新亀蔵丈の踊りはが見られませんでした。来週は大阪松竹座へ昼夜です。名古屋、大阪、博多は終演が8時台ですが歌舞伎座は9時台ですので帰るときは最終の10時では帰宅が日が変わりますので。

投稿: カトウ | 2017年5月12日 (金) 09時54分

カトウ様
こんばんは。コメントありがとうございます。
「若者のすべて」は、見そびれてしまいました。ヴィスコンティ作品も関心はあるのに(若い時には好きなタイプの映画でしたのに)、わずかしか見ていません。見た映画も見ていない映画も、あらためて見たいものです。
「冒険者たち」はそうですね、男2人に女1人のはしりだったのかもしれません。ドリカム現象よりずっと先輩ですね。「冒険者たち」ももう一度見たくなってきました!!

「月形半平太」はたしかに声がかけづらいかもしれませんね。でも歌舞伎で声がかからないのはやっぱり寂しいなと思いました。「三人連獅子」、楽しかったですね。

明治座と歌舞伎座のハシゴ、お疲れ様でした。歌舞伎座は終演が遅いですものねえ。新亀蔵さんの踊り、好評のようですのに残念でしたね。東京近辺でも帰宅時間が気になりますし、地方からいらした方のことも考慮してほしいものです。
松竹座は中村屋兄弟と猿之助さんの久々の共演なのでぜひ見たかったのですが、当分遠征はできそうにありません。
カトウ様、どうぞお楽しみになってくださいね。

投稿: SwingingFujisan | 2017年5月12日 (金) 23時22分

Paroles Paroles・・・
「甘い囁き」ですね。懐かしい!
アラン・ドロンは歌というよりは語り(まさに囁き)で、歌は主にダリダでしたね。
そう言えばダリダは亡くなっていたのですね。
かつての「シャンソンファン」としてはやや迂闊でした。
亡くなった時のショッキングなニュースを思い出した次第です。
「甘い囁き」ももともとはイタリアの唄でフランス版はカバーだったのも80年代のNHKFMの永田文夫さんの番組で知った懐かしい思い出が残っています。
昔懐かしの深夜放送で日本語版もよく流れてました。

投稿: うかれ坊主 | 2017年5月13日 (土) 19時18分

うかれ坊主様
ダリダの歌、アラン・ドロンの低音のセリフ、とてもお洒落で、これを聞いている間はフランスの空気を吸っているかのようでした。そういえば、この曲はカバーだったんですね。
日本語版では中村晃子・細川俊之バージョンが大ヒットでしたよね。
うかれ坊主様はダリダ(きれいな人でしたよね)死去のニュースにショックを覚えられたそうですが、私は細川さんの時にショックを受けました。

投稿: SwingingFujisan | 2017年5月13日 (土) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出ずっぱり愛之助さん大活躍:明治座昼の部 | トップページ | ショック、獅童さんの肺癌 »