« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月28日 (金)

七月歌舞伎座夜の部

723日 七月大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)
やっと夜の部の感想。千穐楽を過ぎてしまった。
筋書きを買ったら、「花競木挽賑」に普段は見られない若手がたくさん(最年少・男寅クンまで)出ていたので嬉しかった。座席は宙乗り小屋の近くを取ったら、幕見席がふさがれていたので、後ろに気兼ねなく見ることができた。
「駄右衛門花御所異聞」
全体的な印象としては、いろんな歌舞伎から有名な場面を集めたパロディー集みたいな感じで、テンポよく、早替りを含めた海老蔵さんの大奮闘を楽しめた。
発端で巳之助、新悟、亀鶴、中車の4人が揃ったのが私的にはポイント(筋書きに写真載ってるね!)。
船で登場した海老蔵さんを見た時、久しぶりに花道脇で海老ちゃん独り占め状態になってみたいと思った。毎日心身を削るようにしての昼夜奮闘にもかかわらず、客には辛さは見せず(妻のお才に巡り合っての「持つべきものは地女房じゃなあ」とか、お才の死に際しての「来世はまたもや夫婦に」のセリフは切なすぎて、こっちがつらい、泣けた)、駄右衛門の大きさ、玉島幸兵衛の苦悩(兄は切腹、弟は斬られじゃこの兄弟かわいそう過ぎると思ったら秋葉権現のお守りのおかげで生き返ってほっとした)、秋葉権現の威厳、と海老蔵さんの魅力を十二分に伝えてくれた。

宙乗りが近くで見える席にして正解。勸玄クンを抱える姿に大きな愛情があふれ(海老蔵もおとうさんなんだ、と実感した)、勸玄クンはお父さんに抱かれて安心して自らを開いているような…感動の涙で2人の姿がぼやけかけ、慌てて拭く。勸玄くん、花道での「勸玄狐、おん前に」は拍手がおさまりかけてから叫ぶように言う余裕。ぴょんぴょん飛びながら本舞台へ向かう可愛らしさ。宙乗りでは客に手を振り、投げキッスを送り、何か大きな声で叫んでいた。海老蔵さんがブログに、勸玄クンもセリフを言いたいと言っていると書いていたのを思い出し、ああ、セリフを言ってるんだと思った。拍手と歓声が凄くて聞き取れなかったけれど、度胸も満点、将来が楽しみだ。
男女蔵さんはシワを描いたとくに横顔が左團次さんにそっくり。悪役側としてもっと活躍するのかなと思ったら案外あっさり斬られてしまったわ。
児太郎クンも遠目では福助さんによく似ている(顔がというより、動きも含めた姿が)。児太郎クンの悪女はとてもカッコよかった。余裕たっぷりのワルぶり、金の亡者ぶり、しかし本当は夫を思うあまりのそれであった。という心の表し方がよく、また後ろ姿がちゃんといい女に見えたことに感心した。夫に斬られる表情があまりに切なく、お才も生き返ってほしいと期待した。この好感度のまま過剰演技にならないように、と願う。

続きを読む "七月歌舞伎座夜の部"

| | コメント (2)
|

2017年7月24日 (月)

子供のためのシェイクスピア「リア王」

718日 子供のためのシェイクスピア「リア王」(あうるすぽっと)
170724kinglear 華のん企画の先行販売時には予定が立てられず、当日券で観劇。この日、池袋は日中嵐のような天候で、昼の部だったら行かれないところだった。その残したものを見ると、昼間はリア王の荒野みたいだった?なんて。
開演前、イエローヘルメッツ登場でリア王役の福井貴一さんが「昼間雹が凄かった」と言っているのに、客席の反応は薄い。知らなかった人が多い感じだった。子供は元気、子供の元気には想像力がある、観劇は想像力を養うというような話の後の歌は福井さんのソロで「ピアノ」。
イエローヘルメッツが引っこんでから来る人も多く、ちょっともったいない。もっと宣伝すればいいのにと思った。

さてお芝居は、何と言っても伊沢磨紀さんの不在が大きい。寂しさだけでなく、存在感の大きい人がいないことによる穴のようなものも感じた。それはさておき。
物語には一貫して、人間の愚かさが流れていた。善玉と悪玉がはっきり分かれていて、みんなそれぞれが愚かである。リア王はそのどちらでもなく、ただ自分の愚かさに翻弄される。で、面白いのは、王に忠実な善玉よりも、悪玉側である。それぞれが悪知恵をめぐらすのも面白いし、ワル姉妹が1人の男(エドマンド)をめぐって諍いを起こすのも面白い。欲に狂う人間の醜さは面白い(恐らくそれを冷静に眺めているのは一番の悪玉エドマンドではないだろうか)。エドマンドが歌舞伎の「もどり」みたいに、ラストでコーディリアの処刑命令を告白するのも面白い。まるで存在感の薄かったオールバニが最終勝者になるのも面白い。だが悪玉だけでなく善玉側の人間も破滅に陥るのは、何とも救いがない。というか、そこがシェイクスピアの面白さなのかもしれない。
山崎さんの工夫はいつもながら見事(舞台は机と椅子だけとか、黒マント使いとか、人形の存在とか)で、物語を知っていてもどきどきはらはらするような展開であった。とくに、物語が進むにつれ、大きなうねりが舞台全体に感じられ、王がさまよう荒野、ドーヴァーの崖や戦争の様子が目に見えるようであった。もっとも、それは逆に物語を知っているからであって、独白や12役(リア王、グロスター、エドマンドを除いて2役)も含めて知らない人にはちょっと複雑なんじゃないかという気もしないではない。

続きを読む "子供のためのシェイクスピア「リア王」"

| | コメント (2)
|

2017年7月21日 (金)

歌舞伎愛、師への敬愛:「歌舞伎夜話 京蔵丈、梅乃丈」

717日 歌舞伎夜話「中村京蔵 中村梅乃」(歌舞伎座ギャラリー)
梅乃さん登場ということで迷わずチケットゲット。
2人とも歌舞伎は天職とおっしゃって、強い歌舞伎愛と心からの師匠への敬愛が伝わってきた。お話は楽しくかつ、女方、後見について新たな視野を開かせてくれた。
全部紹介したいのだけど、ものすご~く長くなるので、ちょっと編集しつつ適宜かいつまんで(それでも長い)。カッコ内青字は私の独り言。

まずは京蔵さんの「マクベス」のお話から。
一昨年、コクーンで初参加した。今回は「劇場は遠いし、暑いし…」(まったく同感。夏のあの距離がつらくて「マクベス」チケット取ってない
<徳三郎型の魔女>
魔女は1983年、嵐徳三郎さんで見て、女方の挑戦に驚いた。蜷川さんには徳三郎さんがやったとおりにやってほしいと言われている。歌舞伎役者としては先人の踏襲は当たり前。姿は瀧夜叉みたいな恰好。
<ただただびっくり、ニナガワのダメ出し>
灰皿が飛んでくることはなかったが、言葉の灰皿が飛んできた。上から下まで(つまり、主役から脇まで)分け隔てなく、容赦のないダメ出しは、稽古初日、読み合わせの時からでびっくりした。自分は読み合わせはクリアー。徳三郎さんの造形は足の悪い魔女だが、あまり足を引きずりたくなかったので、立ち稽古の時軽く引くだけにしたら怒鳴られた。
歌舞伎では「二度目は難しい」とよく言われる。「惰性でやってんじゃないよ」と天国から言われないようにパワーアップしている。先生からなんて言われるか、常に思っている。
<海外公演>
先月は香港、10月がイギリス、11月シンガポール。香港ではシェイクスピアが浸透しており、ニナガワ人気もあり、オファーが来ていた。セリフは日本語で、広東語と英語の字幕を出した。17003日間完売。上演中は静か、カーテンコールは地鳴りのよう。
30
年前にもロンドンに行っている(平幹二郎、栗原小巻主演)。イギリスは他国のシェイクスピアを認めないが、時代を安土桃山にして持って行ったら好評だった(舞台装置も仏壇だそう)。イギリスでは縁起が悪いので「マクベス」と言ってはいけない(知らなかった。日本の「お岩さま」的な捉えられ方だそう)。ニナガワマクベスは鎮魂劇で、イギリス人を驚かせた。

次は梅乃さん。緊張して喋れないと言いながら。
<ポートランド行>
29
日、30日と、ポートランドで梅丸(梅乃さんの言葉として敬称略)の後見とレクチャーをする。女方ができるまでの司会進行。英語は自己紹介くらいで、あとは梅丸の実演を同時通訳で。準備が忙しいので英語は飛行機の中で…。ラスヴェガスでは男性が女性を演じることに驚かれたが、ポートランドでは素顔から女方になる過程を全部見せるので変身がよくわかると思う。
<ラスヴェガス公演>
ツチノコとタコの役。女方ではないが、おいしい役ではある。ラップのストーリー説明に合わせて踊るのだが、英語だから何を言っているのかわからない。日本語だと「山」の歌詞に合わせて「山」の踊りをするが、英語は慣れるまで大変だった。踊りは秒刻みで決まっているし(そうなんだ。たしかに演奏は待ってくれないものね)。でも現地スタッフが喜んでくれて、真似して踊る人もいたのが嬉しかった。それについて戸部さん「客の反応がわかりにくい劇場だったから、いい話ですね」。
<女方になった経緯>
入門から7年ほどは立役だった(その時にファンになったのだ、私は)。トンボなどやっていたので、入門時立役を選んだが、骨折をして2カ月ほど休んでいる間に立役に対するモチベーションが下がった。歌江さんもいたし、立役を立てる裏方としても女方は素晴らしいと思った。師匠に相談した時、辞めると言い出すのではないかと思っていたようだ。女方にしたいと申し出たら、長いこと宙を見て「君の将来を考えたらそのほうがいいかもしれない」と言ってくれた。師匠が、そのままやれと言ったら歯を食いしばってでも立役を続けていた。

続きを読む "歌舞伎愛、師への敬愛:「歌舞伎夜話 京蔵丈、梅乃丈」"

| | コメント (4)
|

2017年7月18日 (火)

ハッピーエンドはやっぱりいいね「紺屋と高尾」

716日 七月名作喜劇公演(新橋演舞場)
迷った末にポイント稼ぎで取ったようなものだけど、ポイントは多分八月歌舞伎座を取った時点で達成したから、あまり気にしなくてよかったかも。
日曜日夜の部、3階は空席が目立って寂しかった。
「紺屋と高尾」
浅野ゆう子が演舞場初登場とは知らなかった。熱海五郎で出ていると思っていたが、BSの「コントの劇場」に出ていたから熱海五郎にも出ていると勘違いした。
高尾の役は藤山直美が予定されていたそうで、藤山さんがやっていたら、ところどころに笑いの要素をちりばめ、味わいはまったく違ったものになっていただろう。浅野さんの高尾はそのクールさが役に合っていたし、江戸一の太夫であっても8歳の時から苦界に身を沈め、年季が明けたら明けたで行くところのない悲しみ、寂しさが滲んでいて(だからこそ、金の絡まぬ久造の一途さに惹かれたのだ)、当時の遊女の置かれた状況やその気持ちに思いが至り、胸にしみた。コミカルな部分は緑郎さんに任せながら、どことなく可笑し味も漂う。
見初めは「籠釣瓶」と同じ。ポン引に騙されそうになるのも同じだが、ここでは紺屋職人久造はまだ出てこない。騙されかけるのは同じお店の先輩職人たちだ。久造は花魁道中にくっついて行っちゃって先輩とはぐれてしまったのだ。やがて久造が合流して帰ろうかという時、高尾の花魁道中に出くわす。「籠釣瓶」との違いは、久造はしがない職人で金がないこと、ハッピーエンドになることだ。
緑郎さんが喜劇もイケるのはこれまでの何作かでわかっていたが、今回も一筋に高尾を恋い慕う久造を真面目に可笑しく演じていた。久造は純朴という設定なんだけど、緑郎さん自身がかっこよくてイキなので純朴というよりは、ただただ一直線という感じか。恋煩いが可笑しくて可笑しくて。当人はいたって大真面目に恋煩っているのだから笑っては気の毒と思いつつも可笑しい。それから、やっとお金を貯めて医者の玄庵(文童)の案内で高尾に会いに行く時の可笑しさ。紺屋の職人では太夫に相手にされないからとお大尽に仕立てられるのだが、お大尽の立居振舞が久造にできるはずもなく、何を言われても「おう」と答えておけと玄庵に入れ知恵される可笑しさ(緑郎さんの色々な「おう」に笑った笑った)。「蘭平物狂」おりくの「はいはい、左様左様」を思い出した。ここでは股引騒動というドタバタ喜劇的な面白さも楽しんだ。緑郎さんは藤山寛美のDVDを見て久造が大好きになったそうだが、時々寛美さんに似ているなと思うところがあった。

続きを読む "ハッピーエンドはやっぱりいいね「紺屋と高尾」"

| | コメント (4)
|

2017年7月15日 (土)

七月歌舞伎鑑賞教室:「一條大蔵譚」

711日 歌舞伎鑑賞教室(国立劇場大劇場)
半蔵門駅から国立劇場までわずか歩くだけでもユーウツになる。運動不足、こんなことじゃいかん、と自分を叱咤しながら、半蔵門駅に新しくできたエスカレーターをつい使ってしまった(多分、次も使う)。
「歌舞伎のみかた」
場内真っ暗になると学生がどよめく。亀蔵さんの姿がセリに浮かび上がり、盆がまわり、大小のセリが上下しながら舞台は平らになる。尺八によるBGMがちょっと時代劇を思わせる(あの音楽、聞いたことあるようなないような…)。舞台両脇には電光掲示板があり、キーワード(回り舞台、セリ、花道、上手・下手、黒御簾、ツケ、女方、見得、義太夫節、竹本)が表示される。ちなみに、「女方」は「形」ではなく「方」と書くのが本来だとどこかで見たので私もなるべく「方」を使っているが、電光掲示板でも「方」となっていた。
亀蔵さんはバツグンの声、滑舌でオーソドックスながらそれらキーワードをてきぱきとわかりやすく説明する。
黒御簾の中を見せてもらうのは久しぶり。いつもながら狭い空間だ。今回は三味線3人、鼓2人、太鼓1人、唄3人。三味線さんが去って大太鼓が入る。大太鼓は自然現象を表す。「大蔵卿」の屋敷の場面の音楽は雅楽をイメージしているのだそうだ。
この後、竹本+ツケ+驚いた演技/見得を亀蔵さんが披露。「本朝廿四孝」から白須賀六郎のセリフ(かな?)と「国姓爺合戦」の虎との立ち回り(黒御簾も加わる)の実演があった。やはり虎が出てくると盛り上がる。最後に浄瑠璃・三味線・ツケに加え虎の紹介があった。「虎クンです」との亀蔵さんの紹介に虎クンが立ち上ってお辞儀をしてひょこひょこ後ろの幕に引っこむ姿がウケていた。

続きを読む "七月歌舞伎鑑賞教室:「一條大蔵譚」"

| | コメント (4)
|

2017年7月13日 (木)

七月歌舞伎座昼の部

79日 七月大歌舞伎昼の部(歌舞伎座)
外は暑く、歌舞伎座内は寒く…。幕間にあたたまりに外へ出たほど。
いつもの座席が取れなかったのだけど、今回の席もなかなか良い。8月も同じ席を取らざるを得なかったが、やはり「いい」と思ったら、今度からその席を狙うかも。
「矢の根」
季節はまったく逆だけど、右團次さんにぴったりの演目ではあるよね。右團次さんの「矢の根」は2年前の5月明治座以来。寝ている間も力が漲っているなど、大らかで荒唐無稽で、いろいろ見どころがあって楽しめる。ミーハー的一番の見どころは仁王襷の結び直しで、毎回、後見さんのてきぱきと力強い働き、仕上がり直前の三味線さんとのアイコンタクトがたまらない。
九團次さんの大薩摩文太夫は「らしさ」があった。
笑也さんはいかにも夢の中に登場したという、独特の透明感が活きた。
弘太郎さんはコミカルで、楽しい笑いをもたらしてくれた。
「盲長屋梅加賀鳶」
花道は4人(右團次、巳之助、男女蔵、亀鶴)までしか見えないので、ツラネはほぼ声のみ。先頭右團次、しんがり左團次で若手からベテランまでなかなかの顔ぶれ。でもセリフは黒御簾音楽と重なってあまり聞こえなかった(これまでに何回か見ているが、いつもそう)。男寅クンは横顔がおとうさんに似てきたなとか、秀調さんのこんな役は珍しいようなとか…。
梅吉は顔の色が濃くて、道玄と同じに見えた(光の加減かしら?)。暗くて凄みがあったが、「自分を殺してから行け」といきり立った男たちを止めるくらいだからそれくらいの凄みはあった方がいいのだろう。
松蔵は中車さん。あんなに忙しそうなのに、どんどん歌舞伎を吸収していってるのがすごい。落ち着いた演技で大きさも感じさせた。これも毎度同じなんだけど、殺しの現場でほぼ証拠となるような品を手に入れながらそれを道玄に返してしかも10両を与えるのは未だに納得できない。
道玄は、7年前に見た團十郎さんがめちゃめちゃ面白かった。團十郎さんの大らかで愛嬌たっぷりな悪党ぶりとはずいぶん違うけれど(もうああいう役者さんは出てこないだろうなあとあらためて残念、寂しく思った)、海老蔵さんにはふてぶてしさ、松蔵にやり込められた時のカクッときた感じ(ここ、なんだかとってもよかった)などに愛嬌があった。久々に<やんちゃな海老蔵>、<海老蔵のやんちゃ>を見た気がして、嬉しい。御茶ノ水坂の場面は海老蔵さんのセリフ回しが幸四郎さんにとても似ていた。
齊入さんは海老蔵さんとの年齢差がどうかなと懸念したけれど、完全に杞憂。世の泥水をたっぷり飲んだ感じは海老蔵さんより上だけれど、この悪党カップルには違和感がまったくない。
笑三郎さんのおせつはしっとりとしており、なぜこんなDV男と結婚してしまったのか、哀れであった。大詰一場での折檻の場面はなく、いきなり縛られて転がされていた。折檻は気持ちのいいものではないので、まあいいか。
立ち回りは面白いが、これもいつも同様、やや長いと感じた。
江戸の市井の話は面白い。

続きを読む "七月歌舞伎座昼の部"

| | コメント (16)
|

2017年7月 8日 (土)

胸きゅん甦る:「冒険者たち」

77日 映画「冒険者たち」(文化村ル・シネマ)
以前、コメント欄でカトウ様に教えていただいたル・シネマのアラン・ドロン特集。なかなか上映日程とこちらの日程を合わせるのがむずかしいなあとため息をついていたところ、幸いピンポイントでこの日の初回、1020の「冒険者たち」を見る計画が立った。もっとも、当日早起きができたら、という条件付きで。見たい気持ちが勝ったのかな、ばっちり早起きできて、寝ちゃうかもしれないという自信のなさも克服して、しょっぱなにあの口笛のメロディーが流れたとたん、胸きゅんが甦った。

見ているうちに思い出したり、完全に忘れていたり、が多々あった。忘れていたのは前半部分が多い。レティシアとローランが知り合うきっかけは完全に忘れていた(後の展開に、この場面は絶対必要だったなと思う)。レティシアが個展で着ていたメタルのドレスは、ああそうそう、このドレス素敵だったな、彼女にしか着こなせない、って思ったことを場面ごと思い出した。パコ・ラバンヌの甲冑ドレスだそうだ。ジョアンナ・シムカスはすごく美人というわけではないが、まさにレティシアそのもの。レティシアの魅力はすなわちジョアンナ・シムカスの魅力だ。シドニー・ポワチエと結婚したため早く引退した彼女の映画をこの1本しか見ていないのは残念だ。
後半部分、パイロット(セルジュ・レジアニ)の存在はすっかり忘れていた。財宝の在り処を知っている大事な人物なのに。イヤな奴だと思っていたが、財宝を横取りしようと狙うヤツらにマヌーを売らなかったので見直した(バレバレだったけどね)。このパイロット、生命力が強いというか、飛行機の遭難でも生き残ったし、3人の船に泳いで乗り込んできたし、ローランとマヌーに救命ボートで大海に放り出されても生きていたし。でも最後はヤツらに…。
財宝探しってたいがい情報がガセだったりしてうまくいかないものだけど、この4人(3人に途中からパイロットが加わる)はあっさり見つけてしまう。そして4人で均等に分ける(パイロットは海に潜っていないレティシアに分け前を与えるのは不満そうだったが、ローランがレティシアもちゃんと協力していることを理由に)。レティシアは自分の分け前をローランのと一緒にする。そしてマヌーも。この場面、好き。


続きを読む "胸きゅん甦る:「冒険者たち」"

| | コメント (2)
|

2017年7月 3日 (月)

秀山祭

九月歌舞伎座の演目と配役が発表になった→ココ
昼の部では染五郎×菊之助の「毛谷村」、夜の部では久々の「逆櫓」、初めて見る「再桜遇清水」が楽しみ。
藤十郎×壱太郎の「道行」も楽しみではあるんだけど、寝てしまいそうで…。
「幡隨長兵衛」、好きだねえ役者さんは。染五郎さんに水野としてどれだけの大きさが感じられるかが見所の一つかな。

続きを読む "秀山祭"

| | コメント (7)
|

2017年7月 1日 (土)

おかえり

170701kutinashi
4年前に庭の奥から真ん中へ植え替えたくちなし。その後全然咲かなくて、もう諦めかけていたら、突然開いているのを見つけた。
今年はたった1輪だけど、この1輪のためにずっと準備してきたのね。
おかえり。

| | コメント (0)
|

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »