« 七月歌舞伎座昼の部 | トップページ | ハッピーエンドはやっぱりいいね「紺屋と高尾」 »

2017年7月15日 (土)

七月歌舞伎鑑賞教室:「一條大蔵譚」

711日 歌舞伎鑑賞教室(国立劇場大劇場)
半蔵門駅から国立劇場までわずか歩くだけでもユーウツになる。運動不足、こんなことじゃいかん、と自分を叱咤しながら、半蔵門駅に新しくできたエスカレーターをつい使ってしまった(多分、次も使う)。
「歌舞伎のみかた」
場内真っ暗になると学生がどよめく。亀蔵さんの姿がセリに浮かび上がり、盆がまわり、大小のセリが上下しながら舞台は平らになる。尺八によるBGMがちょっと時代劇を思わせる(あの音楽、聞いたことあるようなないような…)。舞台両脇には電光掲示板があり、キーワード(回り舞台、セリ、花道、上手・下手、黒御簾、ツケ、女方、見得、義太夫節、竹本)が表示される。ちなみに、「女方」は「形」ではなく「方」と書くのが本来だとどこかで見たので私もなるべく「方」を使っているが、電光掲示板でも「方」となっていた。
亀蔵さんはバツグンの声、滑舌でオーソドックスながらそれらキーワードをてきぱきとわかりやすく説明する。
黒御簾の中を見せてもらうのは久しぶり。いつもながら狭い空間だ。今回は三味線3人、鼓2人、太鼓1人、唄3人。三味線さんが去って大太鼓が入る。大太鼓は自然現象を表す。「大蔵卿」の屋敷の場面の音楽は雅楽をイメージしているのだそうだ。
この後、竹本+ツケ+驚いた演技/見得を亀蔵さんが披露。「本朝廿四孝」から白須賀六郎のセリフ(かな?)と「国姓爺合戦」の虎との立ち回り(黒御簾も加わる)の実演があった。やはり虎が出てくると盛り上がる。最後に浄瑠璃・三味線・ツケに加え虎の紹介があった。「虎クンです」との亀蔵さんの紹介に虎クンが立ち上ってお辞儀をしてひょこひょこ後ろの幕に引っこむ姿がウケていた。

「一條大蔵譚」
菊之助さんの大蔵卿は吉右衛門さんに教わったようだが、吉右衛門さんにも菊五郎さんにも似ているようには見えなかった。それは別にかまわないのだけれど、作り阿呆がなんとなくピンとこなくて…。ていねいに演じている分、作り阿呆から自然さが失われてしまうのかもしれない。それでも、初役だから丁寧さは大事だと思う。ここからスタートして回数を重ねていけばいいのだと思う。本性に戻った大蔵卿は颯爽としてかっこよかった。ちなみに、腰かけていた床几から落ちる場面は、シーソーのように端から落ちるのではなく、真ん中から正面につんのめっていた(ような記憶。違っていたらごめんなさい)
梅枝さんの常盤御前は、指導を受けた時さまに何となく似てはいるのだが、<梅枝の常盤>を作り上げているような気がした。常盤御前の風情も心情もよく、とくに鬼次郎夫婦に非難・打擲されてその忠義を褒める気持ちに打たれた。
彦三郎さんの鬼次郎は真っ直ぐな忠義心がそのままこちらにも真っ直ぐ伝わってきた。彦三郎さんはいい意味での直情型の役が合う。声にやや悲しみが込められているように感じられるだが、それもこういう役に合っている。
右近クンのお京はしっとりして、鬼次郎と気持ちは同じながらさすがに打擲を止めようとするなど、そのやさしさが自然ににじみ出ているように見えた。
菊市郎さん(八剣勘解由)、菊三呂さん(鳴瀬)の脇がしっかりしていて
「一條大蔵譚」は学生たちにどう受け止められただろうか。鑑賞教室だとなかなか拍手が起きづらいようで、「歌舞伎のみかた」は反応がよかったけれど、本編ではぶっ返りの時も大人から起きた拍手につられて、という感じだった。
<上演時間>「歌舞伎のみかた」25分(14301455)、幕間20分、「一條大蔵譚」90分(15151645

|
|

« 七月歌舞伎座昼の部 | トップページ | ハッピーエンドはやっぱりいいね「紺屋と高尾」 »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

Fujisan様
毎日 暑いですね。
先週 私も国立観てきました。大方の皆さんの感想どおり、菊之助の大蔵卿、御殿はともかく、桧垣の作り阿呆には演じ手の年齢からくる無理があります。昔、十八代目中村屋が初役で演じた時(国立じゃなかったでしょうか)も、前半、「カオが子供っぽくて・・・」と言われたのを思い出しました。浅草で猿之助がやったときも、若さがでました。この役、中年俳優がやってぴったりくる役なのでしょう。私の観た中では、十七代目の中村屋が、時流に背を向けたインテリの哀感、哀愁が漂う傑作でした。

投稿: レオン・パパ | 2017年7月16日 (日) 12時02分

レオン・パパ様
こちらにもありがとうございます。
若手がぴったりくる役もありますが、やはり歌舞伎は「40、50ははなたれ小僧」の世界なんだなと納得することがしばしばあります。大蔵卿も年齢と経験を重ねてよくなるんでしょうね。でも誰にも初役はあるわけですから、今後の菊之助大蔵卿に期待したいと思っています。
十七世の大蔵卿、そんなによかったのですか。そういう傑作をご覧になれたのは歌舞伎ファンとして幸せですよね。私はほとんど見ていないのですが、「時流に背を向けたインテリの哀感、哀愁」…十七世の偉大さをあらためて感じます。

投稿: SwingingFujisan | 2017年7月16日 (日) 12時54分

お暑うございます。半蔵門から国立大劇場、なんだか殊に暑く感じますよね(^-^;。電車内などでは寒いくらいのときもあったり、体調管理が本当に難しい季節ですね。
<梅枝の常盤>、とても同感です! きっとお上手になさるだろうと想像はしておりましたが、想像以上で、大蔵卿が「さすがは義朝公の北の方」というだけある存在感でした。私も、常盤御前にここまで感動(というとオーバーかもですが、感心、というと上から目線ですし…)したのは初めてでした。
虎クン、私が拝見したときも、一礼して去っていく姿がお茶目でした(笑)。

投稿: はなみずき | 2017年7月17日 (月) 20時40分

はなみずき様
こんばんは。コメントありがとうございます。
毎日暑いですね‼ こう暑いと、半蔵門からわずかの距離なのに、劇場が遠ぉ~く感じます。

はなみずき様も常盤御前についてそう感じてくださって嬉しいです‼ 時蔵さんでよく見ているので梅枝さんではどうかしらと思いましたが、見事に役をつかんでいましたよね。時蔵さんより古風な感じがするので、こういう役も合うのかもしれません。もちろん合うだけではだめなんですけど。これからもどんどん大きなお役で活躍してほしいなと思っています。

虎クン、中に入っている方の姿が見えないだけに、笑いと拍手が嬉しく感じられました。

投稿: SwingingFujisan | 2017年7月18日 (火) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七月歌舞伎座昼の部 | トップページ | ハッピーエンドはやっぱりいいね「紺屋と高尾」 »