« おかえり | トップページ | 胸きゅん甦る:「冒険者たち」 »

2017年7月 3日 (月)

秀山祭

九月歌舞伎座の演目と配役が発表になった→ココ
昼の部では染五郎×菊之助の「毛谷村」、夜の部では久々の「逆櫓」、初めて見る「再桜遇清水」が楽しみ。
藤十郎×壱太郎の「道行」も楽しみではあるんだけど、寝てしまいそうで…。
「幡隨長兵衛」、好きだねえ役者さんは。染五郎さんに水野としてどれだけの大きさが感じられるかが見所の一つかな。

ところで、海老蔵さん、大丈夫だろうか。麻央さんへの愛、子供たちへの愛、喪失感、父として役者としての責任…。七月歌舞伎は始まったばかり。すごく頑張っているので心身の疲れを毎日心配しています。

|
|

« おかえり | トップページ | 胸きゅん甦る:「冒険者たち」 »

公演情報」カテゴリの記事

コメント

11月の国立劇場が発表されてますね。
山本有三生誕百三十年で「坂崎出羽守」四幕と長谷川伸作の「沓掛時次郎」です。
「沓掛時次郎」の方ははっきり謳っていませんが新國劇百年記念ですね!
三代目の猿之助や十三世仁左衛門も演じていますので、歌舞伎としても久しぶりです。
両方とも観たことないので愉しみな企画です。
出演者からすると坂崎出羽守が当代の松緑で、沓掛時次郎が梅玉でしょうか。

投稿: うかれ坊主 | 2017年7月 6日 (木) 16時39分

うかれ坊主様
そうですね。国立も10月11月と楽しみな演目になりました。
沓掛時次郎、私は本家は名前しかしらないのです。「あんかけの時次郎」のほうが馴染深くて…(と言っても、あまり覚えてはいないのですが)。
新国劇のお芝居が見直されて、時々新派や歌舞伎で上演されるといいなと思います。

投稿: SwingingFujisan | 2017年7月 6日 (木) 23時06分

Fujisan様
こんばんは。9月の再桜は吉右衛門が書いた、金毘羅歌舞伎の初回の出し物でしたか。ともかく見たことのない演目ですし、桜姫ものは結構すきなので、楽しみです。
昨日、歌舞伎座夜の部みてきました。かん玄君の人気で大盛り上がりでした。作品そのものは、いろいろな作品の名場面をパロディ化した、いかにも夏芝居らしい狂言でした。ただ、猿之助の復活狂言ほどは緊密な構成感がなく、立ち回りも京劇的なものと、歌舞伎のものとの一体感がなく、やや散漫だったのが残念でした。新作は発展途上の場合が多く、なかなか難しいですね。楽までかなり改善されていくと思いますが。
その中で海老蔵、座頭として、汗だくの熱演でした。また、今回の一押しは、児太郎でしょうか。実質立女形的な役(悪婆的な役)を面白く演じていたのは大進歩です。お父さんも悪婆の役を楽しそうによく演じていましたね。

投稿: レオン・パパ | 2017年7月 9日 (日) 18時19分

レオン・パパ様
おはようございます。コメントありがとうございます。公開が遅くなってすみません。
土曜日は夜の部をご観劇でしたか。私は日曜日に昼の部を見ました。夜の部はまだ先ですが、ミーハー的興味でとても楽しみにしています。お芝居に緊密な構成感がなかったとのことですが、予定の演目から急に変わったこともあって仕上げるだけでも大変だったんでしょうね。海老蔵さんは昼の「加賀鳶」から出ずっぱりで、身体が心配でなりません。幼い勸玄クンは成田屋を継ぐ者としての宿命をもう背負っているんだなあと思うと、ちょっと胸が痛みます。
児太郎クンの成長には目を瞠るものがありますよね。最近、とてもいいなあと思うようになりました。

9月も楽しみですね。私の中での「桜姫」は玉三郎×段治郎なんですが、「再桜」はどんなお話なんでしょう。金毘羅の初回の出し物とは存じませんでした。

投稿: SwingingFujisan | 2017年7月11日 (火) 10時42分

「逆櫓」と「幡随長兵衛」ですと、当代が初舞台を踏んだ演目ですね。1948年6月の東劇ですか・・・
正確には「御存俎板長兵衛」でしたが、初代の当たり役に「一子長松」と「槌松実は義仲一子駒若丸」の2役でした。
しかし「槌松実は義仲一子駒若丸」の方は満足にできずに途中で降板したようです。
もう70年も昔のことでご存知の方も少なくっているでしょうね。
朝日新聞の朝刊に今週から当代のインタビュー記事が全14回で掲載され始めています。
「降板」のいきさつも昨日の第二回目で語られておりました。今後の「語り」も楽しみです。

投稿: うかれ坊主 | 2017年7月12日 (水) 08時22分

鬼が笑う話ですが
名古屋の御園座が来年4月高麗屋三代の襲名でこけら落としですね!
藤十郎の珍しい上方の盛綱陣屋を観たのが前の御園座の思い出です

京都の南座も耐震補強工事中ですが、やはり12月に高麗屋の襲名で再開場とのことですから、「新しもの好き」の高麗屋さんにはぴったりのタイミングですよね!

投稿: うかれ坊主 | 2017年7月12日 (水) 12時10分

うかれ坊主様
こんばんは。コメント2件もいただいたのに、公開が遅くなってすみません。
吉右衛門さんのインタビュー、面白そうですね。登録して読めばいいのですが、あまりに色々登録しているので、最近は躊躇ってしまって…。いずれ登録しようかしら。
どんな人にも子供時代はあるわけですが、70年前の吉右衛門さん、見たかったですわ~。

御園座はこけら落とし公演もさることながら、客席での飲食ができるようになる、という情報に目がいってしまいました。中の食堂は高いし、お弁当は売っていないし、座席で食べられないし、で御園座には不自由を感じていたものですから。
藤十郎さんの襲名公演、私も見ました。でも「盛綱陣屋」は記憶にない…と思っていたら、「盛綱陣屋」は昼の部、私が見たのは夜の部でした。御園座は3階席でも舞台がよく見えましたが、新しい御園座もそうあってほしいものです。
南座も高麗屋さんの襲名で再開場なんですね。大賑わいになることでしょうね。

投稿: SwingingFujisan | 2017年7月13日 (木) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おかえり | トップページ | 胸きゅん甦る:「冒険者たち」 »