« 圧巻、運慶 | トップページ | 十二月歌舞伎座 »

2017年9月30日 (土)

ロス

ひよっこロス。
一番好きなドラマだった。全篇の3分の2以上は涙の日々。あたたかい涙、悲しい涙、嬉しい涙。ていねいにそれぞれの人物が描かれていて、また伏線の張り方がうまく、
こんなに泣かされたドラマはない。最終回のエンドロール、谷田部じゃなくて前田みね子になっていたのに又泣かされた。

やすらぎロス。
石坂浩二が元妻と元カノと共演するという話題に乗ってミーハー的に見始めたドラマだったが、石坂浩二扮する菊村栄
を次々悩ませる<やすらげない郷>にはまった。犬山小春の死、ちのやん夫婦の死、九条摂子の死、加納英吉の死、どれもしばらくは録画を消せないでいた。石坂浩二って演技がうまいんだなあと今さらながら思った(石坂浩二の現代ドラマは「二丁目三番地」「三丁目四番地」以来かも)。とくに人の死に際した表情と、男のみっともなさがうまい。中島みゆきの主題歌がたまらなくいいだけでなく、挿入歌も効果的で、感動が高まった。中島みゆきと倉本聡が夫婦役です~っと通り過ぎるのもよかった。こちらの最終回のエンドロールにはこれまでの出演者全員の名が五十音順に流れていた。あんなにたくさんの人が出ていたのか、と驚かされたが、これも「やすらぎの郷」らしい。
珍しく、朝と昼、半年も見続けた
連ドラが明後日からはもうないんだ…

もう一つ、8回という短い連ドラだったが、「悦っちゃん」にもロスである。可愛かったなあ、楽しかったなあ、悦ちゃん。

|
|

« 圧巻、運慶 | トップページ | 十二月歌舞伎座 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 圧巻、運慶 | トップページ | 十二月歌舞伎座 »