« やったねニッポン | トップページ | 国立つながらないよ〜 »

2017年9月 1日 (金)

十一月顔見世の演目

今日は朝から忙しくて、午後は出かけて、夜帰宅してからも忙しくて、外出先で顔見世の演目は確認したんだけど、投稿する暇がなくて。
やっと今パソコンの前に座ったところ。
演目と配役は→ココ
先日、「最近あださん見てないからかからないかなあ」と書いたら、なんと顔見世にかかるではないかgood 

それにしても、夜の部は重いなあ…。

|
|

« やったねニッポン | トップページ | 国立つながらないよ〜 »

公演情報」カテゴリの記事

コメント

Fujisan様
今晩は。11月歌舞伎座確かに夜の部重いですね。昼夜で舞踊とうたう演目がないのもどうでしょうか。とは言え、松嶋屋の六段目、未見なので楽しみです。
 先週、歌舞伎座の夜の部見てきました、「逆櫓」播磨屋の芸の完成品、悪かろうはずはありません。また船頭三人が豪華版。東蔵、昔の梅幸に雰囲気が似ていていました。ただ、足元がかなり不安定で、年齢を感じさせました。
「再桜」、「新薄雪」と「桜姫」をうまく合体したような作品でそこそこ楽しみましたが、大詰めがもう一工夫あったほうがいいのかとも。打ち出し、染五郎が怨霊の汚れたカオはいかがでしょうか。最後は役を変えて、きれいに華やかに終わるのが歌舞伎の常道と思うのですが、Fujisanさんの感想お待ちします。

投稿: レオン・パパ | 2017年9月 3日 (日) 20時33分

レオン・パパ様
こんばんは。コメントありがとうございます。
松嶋屋さんの勘平は未見でいらっしゃいましたか。意外です。私は歌舞伎座と南座の2度見ておりますが、久しぶりの仁左様勘平、私も楽しみです。

夜の部、もうご覧になられたのですね。私も今月は少し先ですが、昼の部より先に見ます。テレビ番組で聞いた吉右衛門さんの秀山祭にかける思いに感銘を受けましたので、大いに期待しております。え、染五郎さん、汚れた顔で?…

投稿: SwingingFujisan | 2017年9月 4日 (月) 00時15分

Fujisan様
コメント続きです。「再桜」の幕切れの清玄の怨霊は冷静に考えると吹き替えかもしれません。午後9時過ぎで早く終わらないかなといい加減にみていたので見誤ったのでしょうか。今度、ご覧になるときに教えてください。

投稿: レオン・パパ | 2017年9月 4日 (月) 06時12分

レオン・パパ様
おはようございます。
3階の遠くからでも吹替えとかどうかわかるでしょうか。目が悪いので心配です(もちろん、オペラグラスでしっかり見るつもりですが)。
上演時間、チェックしていませんでした。昼夜とも長いですね~bearing 9時過ぎはきつい…。どの演目も気楽に見られるものではないし、観客としての体力が心配です。

投稿: SwingingFujisan | 2017年9月 4日 (月) 10時37分

おはようございます。
昨夜、スズナリで「花組芝居」を観てきました。
30周年記念で、演し物は「いろは四谷怪談」。
狭い小屋ながら通路もすべて補助席で埋まり、更に立見も出る盛況ぶりでした。
劇団OBの篠井英介さんがわたしのひとつ前の席でした。そのあと恒例の席ズレ作業があったので斜め前になりましたけど。
日替わりゲスト出演はラッパ屋の鈴木聡さん!
20歳のころ以来と言ってましたから約35年ぶりくらいに舞台に立ったそうです。なかなか貴重なものを観ることができました。
猥雑で華やかで原作の肝もおさえた楽しい舞台でした。
今日は「天地会」だそうです。きっとさらに面白くなるのだろうなぁ~
wキャストでわたしの観たのは「川組」したが、お岩とお梅の二役加納幸和さんで大星由良之助役はこれもOBの佐藤誓さん!
佐藤さん、滅茶苦茶面白かったですよ!

さて11月の顔見世は、これぞ「平成歌舞伎」という座組と演目ですね。
松嶋屋の勘平は音羽屋系ですが、独自の工夫もあってその違いを見つけるのも楽しみです。(時に「いいとこ取り」と言われたりしますけど・・・お父様もそうでした)
権太を上方風で演じられるので、一回は上方風の勘平も拝見したいと思ったりします。藝風から言えば、音羽屋系の方が合っているのは承知の上ですけどね。

投稿: うかれ坊主 | 2017年9月 5日 (火) 07時45分

うかれ坊主様
火曜日の早朝にコメントをいただいたのに公開がこんなに遅くなってすみません。最近、コメント送信と受信の間にかなりのタイムラグが生じることがあって、さらに私自身がさぼっていることもあり…。申し訳ありません。

「花組芝居」は見たことがありません。というか、花組芝居は加納さん(出演、演出、脚本をそれぞれ1作品ずつ)、植本さんを知っているというだけのほぼ無知で、ごめんなさい。篠井さんは旗揚げメンバー、佐藤さんもOBだったんですね。と、驚いているような始末です。
うかれ坊主様のコメントがとても楽しそうで、とくに佐藤さんの由良之助、見たかったなと思いました(佐藤さんも、「子供のためのシェイクスピア」で知った次第でして…)。

仁左様の勘平、私に違いが見つけられるかどうか、まったく自信がありません。しっかり見なくては。

投稿: SwingingFujisan | 2017年9月 7日 (木) 01時49分

わたしもそんなに詳しくないですよ。これまでに数回観ただけですから。
わたしが観た公演では、非番の植本純米さん(ともう一人)が場内の案内係をしていました。
少し遅れて有馬自由さんが入場してきたときに「有馬自由さん、ありがとうございます」というようなくすぐりをいれたりしてました。
客入れしたあと(通路が埋まって)身動きできず退場できないので舞台に上がって退場してました。
花組芝居の30周年記念の次なる公演は「黒蜥蜴(wキャスト)」だそうで、「新派」と来春の「井上芳雄・中谷美紀版」とちょっとした流行りですね!

佐藤誓さんは体調崩されたとも聞いていたので、心配しましたが、それを全く感じさせない体の切れでしたね。

加納さんのお岩は「髪すき」のところは「本息」で演じてました。

幕切れは大星らの仇討に主役を奪われ、唖然としているお岩と伊右衛門が「また夏に会おう」で幕になります。

投稿: うかれ坊主 | 2017年9月 7日 (木) 11時53分

うかれ坊主様
花組芝居の追記、ありがとうございます。キャパが小さいとはいえ、身動きできないほどのお客さんってすごいですね。熱気が感じられます。
そういえば、スズナリにも行ったことがありません。本多劇場は1回だけあるのですが。

黒蜥蜴、あちこちでやるんですね。井上芳雄クン版は見たいところですが(ととねえちゃんの鞠子が早苗役なんですね。それも魅力。相楽樹さんは私の中では未だに鞠子です)、現時点では予定を立てられず…。
花組芝居の黒蜥蜴はあうるすぽっとなんですね。行きやすいのですが、これも難しいかも。今はすべての日程を歌舞伎優先で、残念ながら他の公演はなかなか入れられませんのです。

投稿: SwingingFujisan | 2017年9月 7日 (木) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やったねニッポン | トップページ | 国立つながらないよ〜 »