« FireFoxかExplorerか | トップページ | さらば、ムッシュ・マネスキエ »

2017年10月 9日 (月)

猿之助さん、骨折

公演中に左腕骨折とのこと。心配です。

追記:猿之助さん休演につき

ルフィ/ハンコック:尾上右近
サディちゃん:新悟
マルコ:隼人

となるそうです。
猿之助さんの無念を思うとなんともつらいけれど、若手の踏ん張りどころ、頑張ってくれることでしょう。猿之助さんの無事な回復をお祈りします。

追記の追記:猿之助さん、「僕は元気」だそうです。安心しました。猿之助さんのことだから、前向きに治療に専念してくださることでしょう。

|
|

« FireFoxかExplorerか | トップページ | さらば、ムッシュ・マネスキエ »

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

今日演舞場にいました。猿之助丈が終演後ハンコックの衣装で花道のセリで下降後アンコールで全員の登場の後、猿之助丈の登場がなかなか無いので皆で繋いでいたのですが衣装が引っ掛かり出られないとの右團次丈の説明が聞き取れました。外に出ると救急車と消防車がやって来ました。酷い骨折でなければ良いのですが。舞台はよりスピードが増し良いものでした。とりあえず。

投稿: カトウ | 2017年10月 9日 (月) 20時08分

カトウ様
まあ、なんとその場にいらっしゃったのですね‼ 
第一報をネットで知ってから色々情報に当たり、カーテンコールの際のできごとだとわかりました。右團次さんはじめ、みなさんさぞご心配でしょうね。
カトウ様も外で救急車と消防車をご覧になって、びっくりなさったでしょう。
猿之助さん、どんなにか痛かったことでしょう。なにより、始まったばかりの「ワンピース」を恐らく降板せざるを得ないでしょう猿之助さんの気持ちを思うと、泣きそうになります(無理して出演してほしくないし)。本当に、ひどい骨折でなければ、と祈るばかりです。状況は違いますが、染五郎さんのことを思い出し、舞台には危険が伴うものなんだなとあらためて、役者さんの日々の無事を願いました。

投稿: SwingingFujisan | 2017年10月 9日 (月) 22時11分

12日(日)に特別マチネと本公演を連続で観ました。

怪我休演で特別マチネも本公演もチョッパー役の市川右近君と猿君以外は同じになってしまいましたが・・・

これまで観るチャンスがなかったので今回が「初ワンピース」です。横内さんの本が良いのでしょうけれど、娯楽性があってメッセージ性がある上にライブ感を取り入れて良くできた作品でした。観ておいてよかったと思いました。

タンバリンは購入しませんでしたが、Tシャツ(黒)を購入しました。

尾上右近は女形もいけるので、この2役ははまり役ですね。
これまでも才能豊かで嘱望されてきたわけですが、一般の知名度もあがり大きな飛躍のきっかけとなるような気がします。

サディー役の新悟がまたピッタリでした。
あとは右團次が出てくると舞台が締りますね。特に猿之助休演ですとその感を強く持ちました。

巳之助や隼人もやや台詞がかすれ気味で長丁場ですから喉を大切にしてほしいですね・・・

チョッパー役の市川右近君と猿君はどっちも良かったです!
特に右近君はわたしがこれまでに観てきた御曹司系の子役の中では、松也以来というか、それ以上かもしれませんね。團子も良さそうですけど。

昼と夜の入れ替えの時に平さんが反対方向にひとりで食事にでもいくところを見かけましたよ。
毛糸の帽子をかぶって旧読売新聞社前側を歩いてました。

投稿: うかれ坊主 | 2017年11月13日 (月) 08時27分

うかれ坊主様
おはようございます。コメントありがとうございます。
1日で両方ご覧になったとは、お芝居があのテンションですからお疲れになったでしょう。でも、楽しくて、おっしゃるように良い作品ですよね。まさにスーパー歌舞伎Ⅱ、新しいスーパー歌舞伎だと思います。各地での公演、そして演舞場での再演と、好評なのもわかりますよね。

私は10月の通常公演を見る予定でしたが、体調不良のピークでチケットを無駄にしてしまいました。今回は新悟クン狙いだったのですが、活躍しているようで嬉しいです。

右近クンの確実な成長と活躍、そして知名度アップも嬉しいです。兼ねる役者としてどんどん伸びていってほしいですね。

チョッパーのもう一人は猿クンだったんですね。右近クンと両方ご覧になれてよかったですね。私も両方見たかったです(私の観劇日は猿クンかしら)。右近クンは本当に上手ですよね。将来澤瀉屋を支える役者になることが期待できますね(松也さんもそんなに上手だったのですか)。團子クンももっともっとお芝居に出てほしいです。

平さん…私が遭遇したら舞い上がりそうです。

投稿: SwingingFujisan | 2017年11月14日 (火) 06時18分

私の中での「名子役」は松也君でしたね。
歴史的には二代目又五郎さんが「名子役」と言われていたそうです。
團子君は名子役というよりはかつて18世勘三郎がそう言われたように「アンファンテリブル」のくくりになるのでしょうね。

今回観られないのは残念ですね・・・本当に新悟クンは弾けていましたよ!演じていて愉しくて仕方ないのでは???

平さんは同性からみても「様子がいい」の見本のような方ですね。あっと思い、思わず振り返ってしまいました。
段治郎ってつい言ってしまいますが、彼が「カンパニー」にいれば平さんの役どころは彼なんでしょうね。将来、客演でもなんでもよいのでスーパーに参加してほしいなぁと思います。

初春の演舞場も演目が決まりましたね。
また3月は獅童主演で三谷幸喜さんの新作「江戸は燃えているか?」だそうです。
江戸無血開城の話で150周年記念でもありよき企画と思いました。こちらも愉しみです!

投稿: うかれ坊主 | 2017年11月14日 (火) 08時22分

うかれ坊主様
名子役情報、ありがとうございます。
二代目又五郎さんも名子役だったんですね。名子役がそのまま名優になるとは限らない場合もあるとは思いますが、右近クンにはそのまま名優になってほしいと大いに期待しています(もっとも、その頃には私はこの世にいない…かな?)。團子クンはアンファン・テリブルですか。こちらも楽しみです。

平さん、カッコいいですものね。武田勝頼は忘れられません。

段治郎さん―私も未だにその名で呼びたくなってしまいます。ええ、本当にもう一度スーパー歌舞伎で姿を見たいですね。

演舞場情報もありがとうございます。今日(正確には昨日ですが)は早朝から夜までずっと用事があって外出しておりましたので、教えていただいて知りました。楽しそうな演目でいいですね。歌舞伎座も演舞場も国立も楽しみです。浅草がちょっと弱いかなと心配ですが、こちらも応援しようと思っています。1月のスケジュール、厳しいなあ。チケット発売日が近づいているので、日程調整を早くしなくては。
3月も楽しみですね‼ 

「ワンピース」は来週、麦わらのほうを見ます。言葉が足りなくてごめんなさい。女方の役者さんって、普段は辛抱の必要な役どころが多いので、こういう時には思い切り弾けられて楽しいんでしょうね。

投稿: SwingingFujisan | 2017年11月15日 (水) 00時35分

来年8月の演舞場で巳之助、隼人で今度は「ナルト」を新作歌舞伎で上演するようですね!

さて19日は「きらめく星座」を一番前の席で観てきました。
何回観ても愉しくて切なくてまた観たくなる作品です。

田代さんの長男・正一役は上海航路帰りの時に歌舞伎の助六のような「ムキミ」のメイクをしてましたよ!初めて観たような気がします。その前の変装もかなり薄汚れたメイクで土台が良いのでことさら「汚い」メイクをしていたように思います。下手に唄うところもそれなりに唄い、しっかり聴かせるところは気持ちよく唄ってました。

一番、おやっとと思ったのは竹田慶介さんの「人間広告文」の台詞ですね。
ここは本作品のクライマックスですが、今回は長女みさをに(そして生まれてくる新しい奇跡に)向かって、切々と絞るような言い回しで訴えかけていました。
これまでは、聴かせどころですから観客も含めて劇場全体に向かって胸を張って朗々と<命は「奇跡の連続」でだから「生きなけければならない」>と弁じていたのとは、大分趣きが変わっていたように感じました。

投稿: うかれ坊主 | 2017年11月20日 (月) 23時30分

うかれ坊主様
こんばんは。コメントありがとうございます。

「ナルト」は昨日「ワンピース」を見に行ってチラシをもらってきました。巳之助クンと隼人クンとでの新作に驚いているところへ、G2さんの方からもお知らせメールが届き、あらG2さんもいよいよ歌舞伎に進出かとさらにびっくりしました。

最前列で「きらめく星座」ですか‼ いいですね~。私が見たのは1度だけですが、ムキミのメイクの記憶はありません。もっとも、8年も前の観劇ですから忘れているだけかもしれませんけれど。田代さんのような方が下手に歌うって難しいでしょうね。
「人間広告文」は衝撃的・感動的でした。まさに人間の命は奇跡そのものだと思います。
今回は演出がだいぶ変わったのでしょうかしらね。そういう趣もいいなという気がします。

投稿: SwingingFujisan | 2017年11月21日 (火) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FireFoxかExplorerか | トップページ | さらば、ムッシュ・マネスキエ »