« 坂崎出羽と沓掛時次郎 | トップページ | 青春時代は…さらば、はしだのりひこさん »

2017年11月30日 (木)

「ワンピース」

1120日 「ワンピース 麦わらの挑戦」(新橋演舞場)
10月に通常公演(夜の部)を取っていたのだが、体調不良のピークで断念。猿之助さんが大けがをしたからこそ、応援したいと思っていたのだが…。それにしても通常公演と麦わらの配役が同じになったのが複雑な気分だった。演舞場初演時とは場面や配役がいくつか違ったが(大きな違いも)、初演時の感想と重なる部分もあるので、今回は簡単に。
ルフィの尾上右近クンは動きが初演時の猿之助さんそっくり。感情表現が豊かで、行儀良く、かつはつらつ、生き生きとしており、ルフィ役が楽しくてしょうがないという感じ。若い分、よりルフィに近いのだろうが、今思えば2年前の猿之助さんのルフィも少年らしさが十二分に感じられて、あらためて猿之助さんの才能を思ったのだった。
楽しくてしょうがないのは他の若手も同じで、とくに新悟クンのサディちゃんは、普段辛抱の役が多い女方としても楽しかっただろう。ん?サディちゃんなんていたっけ? エースの拷問場面なんてあったっけ? と思ったら、この場面は演舞場初演時にはなかったみたい。ニューカマーランドや巳之助クン大熱演のボン・クレーは初演時の衝撃が凄すぎて今回はさほどでもなかったが、かわりにこのサディちゃんのインパクトが強烈であった。

シャンクスとエースが福士誠治クンから平岳大さんにかわったが、平さんもとても素敵だった。命を捨ててルフィを守ったエースがシャンクスとなって現れることで、もちろんエースは帰ってこないとわかっているのに、ほっとした気分になれた。
トニー・トニー・チョッパーの市川右近クンが可愛いだけでなく、役の心をよくつかんでいるのが素晴らしかった。猿クンバージョンも見たかった。
右團次さん(右近3人勢揃い)の白ひげは碇知盛の衣裳で、最も歌舞伎的。それでもまったく違和感がないのは、「ワンピース」という芝居そのものが、まさに歌舞伎であるからだろう。
また何年かしたら、見たくなるだろうなという余韻を残した芝居であった。

ところで、買うつもりのなかったタンバリン、買ってしまいました。
<上演時間>
第一幕50分(11001150)、幕間30分、第二幕60分(12201320)、幕間25分、第三幕85分(13451510

|
|

« 坂崎出羽と沓掛時次郎 | トップページ | 青春時代は…さらば、はしだのりひこさん »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます! 早いもので…12月になってしまいましたね。
ワンピース、体調が回復されて、ご覧になれて、良かったです!
早速ワタシはワンピース・ロスになっていて…、毎日、舞台写真を眺めてはニヤニヤしたりしてます。仕事で忙しいときに、TETOTEの音楽を浮かべると、ちょっと元気がでたり。
猿くんのチョッパーも拝見しましたが、右近チャンとはまた違った可愛さで、涙が出ました。本当に芝居心がありますよね。
亀ちゃん、早くまた、「熱く燃えて~!」(祈)。

投稿: はなみずき | 2017年12月 2日 (土) 08時53分

はなみずき様
こんにちは。コメントありがとうございます。
ご心配いただきましたが、ワンピースを見られて本当によかったです。11月公演は這ってでも見たいと思っていましたから。

舞台写真を眺めていらっしゃるとのこと、私は写真は買わなかったので、プログラムを眺めて思い出に浸っております(舞台の写真はあまり載っていないんですけれど…)。それと、タンバリン!! あの場面、よかったですね~。右近クン、宙乗りは初めてかしら。楽しそうで、また希望と力強さが感じられました。3階席には役者さんが来られなかったのですが、1階でははなみずき様のレポ通り、大盛り上がりのようでした。

猿クンもとてもお芝居が上手なので、見られなかったのが心残りです。また別のお芝居で活躍してほしいですね。

千穐楽、亀ちゃん登場したんですね。お元気そうで、その回復力というか、精神力には感嘆します。
1月の涎くりが楽しみです~。

投稿: SwingingFujisan | 2017年12月 2日 (土) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 坂崎出羽と沓掛時次郎 | トップページ | 青春時代は…さらば、はしだのりひこさん »