« 脳ドックからの腰痛フリー | トップページ | 存分に面白い再演「黒蜥蜴」 »

2018年6月 9日 (土)

八月歌舞伎座、やっと

今月初日にはもう発表になっていたらしい納涼歌舞伎の演目・配役が歌舞伎美人にやっと載った→ココ
第一部、第二部ともに見たことがないものばかり、と思ったら、「花魁草」は1981年2月、2011年8月に続く3回目の上演で、2011年のは見ているのに全然覚えていなかった。自分の感想を読み返して思い出した。「龍虎」は2014年のはかすかに記憶に残っていたが、2008年のは覚えていない。せっかく見ても情けないというか、だらしないなあ(やはり少しでも感想を書いておいて正解だと思った)。「心中月夜星野屋」は新作。
第二部はもちろん夏のお楽しみ、「東海道中膝栗毛」。今度はどんな騒動になるのやら。「雨乞其角」は過去の上演情報がなかった。
第三部の「盟三五大切」も楽しみ。
日程調整が難しいので、どこかで二部・三部を通すか…。

|
|

« 脳ドックからの腰痛フリー | トップページ | 存分に面白い再演「黒蜥蜴」 »

公演情報」カテゴリの記事

歌舞伎ミーハー日記」カテゴリの記事

コメント

SwingingFujisan 様
八月は珍しい出し物が多いですね。がっちりとした時代狂言を第一部に入れないのですね。私的には、第三部の南北狂言が期待です。幸四郎、最近は、松嶋屋の路線も狙っているようなので、その延長でしょうか。
昨日、歌舞伎座昼の部行ってきました。
時代物、中幕、世話物と並びは良いのですが、朝幕から妹背山御殿は疲れます。どれも充実していましたが、最後の「野晒悟助」、菊五郎が出てくるとほっとします。駄作とは言われますが、歌舞伎らしい良い加減さがあって、結構楽しかったですよ。児太郎、米吉の2人の若女形相手なら、菊之助を主役にもってきてもいいのではと見ていました。
それから、橘太郎の訳知りの女中が、達者で、受けていました。夜の部、「宵宮雨」の薬売りも評判がいいとのこと楽しみです。この優、坂東うさぎ時代、歌右衛門の政岡での鶴千代(その時の千松が今の芝翫でしたか?)から見てきた者としては感慨深いものがあります。

投稿: レオン・パパ | 2018年6月10日 (日) 08時54分

レオン・パパ様
こんばんは。
私も「盟三五大切」が一番の期待です。私の中では仁左様の三五、吉右衛門さんの源五兵衛(小万は時さま)が衝撃的に記憶に残っています。幸四郎さんは色々幅を広げていますね。今日、たまたま3年前の録画(阿弖流為上演の密着。まだ見ずに残っていました)を見たのですが、やりたいことがたくさんあって意欲に溢れていました。「京鹿子娘道成寺」にも挑戦するかもしれませんね。

昼の部、文屋を挟むとはいえ、2時間近いお芝居が2本はきついですね。しかも「三笠山御殿」は重いし…。とくに昼の部が眠い私としてはとても自信がありません。
橘太郎さんは名子役だったそうですね。私が初めて意識したのは博多座の「彦市ばなし」でした。演技の幅が広い役者さんですよね。

投稿: SwingingFujisan | 2018年6月10日 (日) 22時26分

やっぱり、「第三部」ですねぇ!
でもちょっと不満は、薩摩源五兵衛と家主くり廻しの弥助を兼ねないこと。原作は二役でしたし、復活上演の際には初代辰之助さんはそうしてました。
最近は源五兵衛だけのことが多いので、完全に白塗りのいい男になっていますが、性根が違ってしまうように思われます。
新染五郎も二役で経験済なのでその線でいって欲しかったです。
役者が増えると役の割り振りの関係もあるのでしょうが・・・
「不満」というのはその点ですね・・・

これも前に書き込みしたように思いますが、せめて5年に一回くらいは、三大義太夫狂言の通しを8月にお願いしたいところです。
試金石にもなるわけですし、特に「義経千本櫻」は、3部制だと二段目、三段目、四段目を原作の順番に忠実に上演しやすいので是非!というところです。

昨日は、国立劇場と演舞場の「はしご」でした。
感想はアップのあとでという事にしましょう。

時代物でこってりたっぷりは私は歓迎ですけど、夜の部の方は、明るく打ち出してほしいですね・・・
「宵宮雨」でそのまま帰路につくのは、ちょっと気が悪いですよ。まだ観劇は大分先ですが、そういうファンも多いのではないでしょうか。特に夜ですからね。

投稿: うかれ坊主 | 2018年6月11日 (月) 12時58分

うかれ坊主様
源五兵衛と家主は二役なんですか。知りませんでした。私は吉右衛門さんの源五兵衛がとても不気味で怖かった記憶があります。

八月は暑いので気楽に見られるものを、というところでしょうか。それに夏休みでもあるので、とっつきやすい演目が選ばれるのでしょうか。おっしゃることももっともだと思いますが、私はミーハーなので、気楽で助かります(^-^;

「宵宮雨」って怪談だそうですが、そんな演目なのですか。最近気が滅入るニュースが多いのでちょっと身構えてしまいます。

ちなみに国立は近いうちに見ますが、演舞場はず~っと先です。

投稿: SwingingFujisan | 2018年6月12日 (火) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脳ドックからの腰痛フリー | トップページ | 存分に面白い再演「黒蜥蜴」 »