« 七月歌舞伎座夜の部:「星合世十三團」 | トップページ | 念願のホキ美術館へ »

2019年8月16日 (金)

八月歌舞伎座第一部:「伽羅先代萩」「闇梅百物語」

89日 八月納涼歌舞伎初日第一部(歌舞伎座)
初日だったのかあ、という感じ。9日だものね。8月はいつもそうだったんでしょうに、忘れていた。
「伽羅先代萩」
七之助さんは私の中ではクールなイメージがあるで、千松の死を平然と見ている場面はきっといいだろうと予想していたのだが、最初から千松への愛情が強く感じられ、ずっと泣かされた。こんなに千松に愛を漲らせている政岡は初めてのような気がする。横たわる千松を前にしての嘆きは力が入りすぎていたかもしれない。千松と鶴千代君に対する政岡の愛情は平等かもしれないが、自分たちの役目を考えれば2人に対する感情にはおのずから違うものがあるはずで、そのあたりもわかるような気がした。千松は叱られたり励まされたりしながら母の愛情をしっかり受け止めていたのではないだろうか。それだけに千松のすべての行動が立派で哀れで、泣けた。
飯炊きは初日だし、大変だったろうな。早く炊いてあげればいいのに(これはいつも思う)とか、手順を間違えないようにとか、こちらも息を詰めて見ていたので疲れた。
勘太郎、長三郎兄弟の演技がしっかりしていて感心した。先月の勸玄クンもだが、子どものポテンシャルって素晴らしい。
今回、松島は出て来ず、沖の井のみ(児太郎さん、堂々と落ち着いていてよかった)。新悟さんあたりが松島で出てきてもよかったのに、と新悟ファンの私は思った。
医師の妻小槙(歌女之丞)が八汐の悪巧みの証人として登場したが、唐突な感じがした。
巳之助さんの荒獅子男之助は形も決まっていたと思うし、声もよく出て、なかなかだった。
幸四郎さんの弾正は花道だけだったのでよく見えなかったが、やや小粒な感じがした。面明りでの引っこみは、以前3階席から見た時は影が不気味さを表していたが、今回は影そのものがあいまいで不気味さはなかった。もう一役の八汐はいかにもワルそうだったが、とてもきれいだった。
古典歌舞伎のおもしろさ、良さを堪能した。
「闇梅百物語」
眠かった。メガシャキガムは先代萩で効果絶大だったが、こっちでは噛まなかったのが敗因か。とくに雪女郎(扇雀)のあたりは…。見たことのない演目だったので残念なことをした。
<上演時間>「伽羅先代萩」105分(11:00~12:45)幕間30分、「闇梅百物語」60分(13:15~14:15)

 

|

« 七月歌舞伎座夜の部:「星合世十三團」 | トップページ | 念願のホキ美術館へ »

歌舞伎ミーハー観劇記」カテゴリの記事

コメント

残暑お見舞い申し上げます。

通常カットされる事が多いのですよね、八汐と沖の井、小槇の詰め開きは。但しこれの方が原本通りとも言えます。
いきなり「政岡覚悟」と切り掛かる方が唐突だと最近は思い直しております。
栄御前が取替え子と勘違いする事に納得が行くので。
確かに取って付けた感じもありますが・・・

これも受け売りですが、実は元々は鶴千代を退場させずに「くどき」をしていたらしいです。近代以降、親子の別れを強調せんが為に演出が変わってきたと思われます。五世歌右衛門あたりからと思いますけど。
そうでないとあれだけ、例えば沖の井の用意した食事にさえ手を付けさせずに、飯焚きをしたり、片時もそばに置いているのに、くどきの前に若君を「ほったらかす」のは性根と違うように思えてならないからです。なのでいつも観ていて変だよなぁと思っております。澤瀉屋さんの演出では天井から忍びの者が襲う場面もあるくらいですからね。

七之助の政岡は、叮嚀な演技でしっかりと演じていて良かったですね。くどきのあたりは少し若さが出てしまったかもしれませんが、あれだけできれば十分でしょうね。

面白かったのは、八汐の幸四郎で、菓子を一つ拾い残したのを見つけ慌てて袖口に入れるあたり、芝居っ気があって良かったです。

巳之助の男之助も口跡・形もよく、あとは厚みでしょうがこれは年輪とともに備わってくるでしょう。

投稿: うかれ坊主 | 2019年8月19日 (月) 11時02分

うかれ坊主様
今晩は。コメントありがとうございます。月曜日にいただいていたのですね。今日はかなりの早朝からついさきほどまで用事があって外出していたので、今パソコンを開いたところですが、月曜日も火曜日も1度は開いているはずなのに、コメントをいただいていることに気がつきませんでした。申し訳ありません(ココログがリニューアルされてからタイムラグが生じているような気もしますが、はっきりとそうだとは言い切れません)。

小槙の件はいずれにしても「竹の間」がないとわかりづらいかもしれませんね。
鶴千代君を別の人の手に預けたままにするというのは、私もずっと疑問に思っていました(最近、慣れてしまって思わなくなっていたかも)。

幸四郎さん、そうでしたね。八汐はとてもよかったと思いました。
巳之助さんも存在感を示しましたね。

投稿: SwingingFujisan | 2019年8月21日 (水) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七月歌舞伎座夜の部:「星合世十三團」 | トップページ | 念願のホキ美術館へ »