日記・コラム・つぶやき

2018年10月 1日 (月)

祝ノーベル医学・生理学賞2018

本庶佑京都大学特別教授がノーベル医学・生理学賞を受賞された。おめでとうございます。
2015年の大村智先生、2016年の大隅良典先生、そして2018年の本庶佑先生。
PD-1についてはちょっとだけ読んだことがあるが(もちろん、表面的なことしかわからない。それも本当にわかったかどうか…)、それを発見したのが本庶先生だったのか。
世界の多くの学者が多くの研究成果を上げる中、ノーベル賞に選ばれるのは日本人として誇らしい。

| | コメント (2)
|

2018年7月27日 (金)

メルセデス・ベンツ新型Cクラス発表会

725日 「メルセデス・ベンツ新型C-Classプレス発表会」(新橋演舞場)
尾上右近さんの舞踊狙い、かつ新車発表会なんてなかなか見る機会がないからと、でもどうせ当たりっこないとまったく期待せずに応募したら、当選してしまった。
いつもの歌舞伎開演より30分早い10時半スタート。頑張って早起きして出かけたら、30分早いとこんなに電車が混むのかと驚いた。みんな働いているんだなあ。私はお気楽なものだ…。
座席は当日ランダムに決まるとのことだったので受付に行列ができているかと思ったら、全然。当選メールを見せるとすぐにチケットをくれた。なんと、中央よりやや後ろではあるが花横。ところが、出入り口の扉を正面真ん中しか開放していないので、その席にたどり着くのに、正面ブロック丸々プラス花道脇の何席分かを乗り越えなくてはならない。不便と言えば不便だが、途中休憩がないので一度席についたらあまり関係ないか。

5
分ほど遅れて定式幕が開く。正面スクリーンにベンツ歴代車両が音楽とともに初代から次々映し出され、やがてそれは紅白の牡丹の花の画像にかわる。演奏陣がセリ上がってくる。数分間の演奏にわくわくしているところへ、いきなり足音が。鳥屋から右近さんが飛び出してきたのだ。素晴らしい勢いで舞台へまっしぐら。それだけでなんか泣きそうになるくらい心が盛り上がった。このイベントのための特別バージョン「石橋」。獅子は力者2人(尾上隆松、尾上まつ虫)を軽々とあしらい、毛を振る。舞台前方に出て上手で振り、振りながら徐々に下手へ移動し、だ~っと走って花道中央付近でも勢いよく振る。獅子の毛が届くか届かないあたりの席だったからめちゃ興奮した。何年ぶりかの花横、やっぱりいいね。本舞台に戻り、すっごい勢いで再び毛を振る。
右近さんの躍動感・迫力たっぷりの「石橋」に感動感動、ああ歌舞伎は素敵!!
演奏陣がセリ下がると、紅白の新型Cクラスが盆にのって登場。右近さんは2台のベンツと入れ替わりで後方にまわっていく。客席から姿が見えなくなる最後まで力の入った立ち姿にまたまた感動する。


続きを読む "メルセデス・ベンツ新型Cクラス発表会"

| | コメント (0)
|

2018年3月11日 (日)

忘れない

180311crocus_2

忘れない、絶対に。忘れられない。
この花は、私にとって3月11日の象徴みたいになっている。
でも、今日でなくても忘れてはいない。


| | コメント (2)
|

2018年2月14日 (水)

バレンタイン&冬季五輪

180214valentine

銀座三越のチョコ特設会場、すごい熱気でなかなか身動きが取れなかった。
チョコレートの年間消費量に占めるバレンタインの割合は1割以上だとか。私自身、普段はほとんどチョコを食べないが、このシーズンはモーレツに食べたくなる。刷り込みかな。

続きを読む "バレンタイン&冬季五輪"

| | コメント (0)
|

2018年1月 7日 (日)

青春はますます遠く

フランス・ギャルさんが亡くなった。
あの愛らしいシャンソン人形も70歳。自分の年齢を考えれば何の不思議もないが、青春時代に目にした彼女(もちろん写真)しか目に浮かばないから変な気持ちだ。
フランス語をわからない当時、なんかそう聞こえるという出鱈目フランス語で歌っていたが、今でもその言葉で時々口ずさむフレンチポップス。
ご冥福をお祈りします。

続きを読む "青春はますます遠く"

| | コメント (4)
|

2018年1月 1日 (月)

年初

あけましておめでとうございます。
昨年は滞りがちなこのブログを応援してくださって本当にありがとうございました。
しばらくは軌道に乗れない日々が続くかと思いますが(最初からそんなことではしょうがないけれど…)、どうぞよろしくお願いいたします。

今年も無事に1年の始まりを迎えることができたことに感謝です。

歌舞伎初めは、ちょっと遅いけれど第2週です。

| | コメント (4)
|

2017年12月19日 (火)

ボルサリーノ破産

私にとってのボルサリーノへの思い入れは映画「ボルサリーノ」くらいなのだが(何しろ、ベルモンド×ドロンだからね)、帽子といえばボルサリーノ、このニュースには驚いた。次元大介はどうするんだろう。

| | コメント (0)
|

2017年12月12日 (火)

ジョニー・アリディ死す

フランスの大スター、ジョニー・アリディの訃報を今ごろ知った。
日曜日(10日)の新聞を今ごろ広げて見つけたニュースだった。ネットのニュースは携帯で時々見ていたんだけど、アンテナに引っかからなかったなあ。
前にも書いたかもしれないが、日本ではシルヴィ・バルタンの元ダンナでもフランスでは国民的大スター。マクロン大統領もミサに参列したそうだ。

今年はジャンヌ・モロー、ミレイユ・ダルク、ジャン・ロシュフォールと好きなフランス人俳優が続けて亡くなった。ジョニーの訃報は、数日前のことで時間がずいぶん経過してしまったが、私にとっても青春時代の思い出の歌手の1人であるから…。
74歳。若い頃はすご~く年上だと思っていた人も、最近はさほどの年齢差を感じなくなっている。自分も年をとったんだなあとしみじみ…。
ご冥福をお祈りします。

話は変わるが、フランスの大物歌手といえば、シャルル・アズナブールもその1人。何年前だったか、日本での最終公演だというから聞きに行ったのに、再び来日公演が行われるらしい。来年5月の公演時には94歳。すごいバイタリティだな。

| | コメント (2)
|

2017年11月10日 (金)

野外アートが映える町、上野

171110sukifes1
幻想的。
171110sukifes2_3
昼の姿。
171110sukifes3_2
芸大の学園祭で展示された巨大神輿
171110sukifes4_2
同じく。カッコいい。
171110sukifes5_2
すべて、本年度の新入生が制作したものだそう。

続きを読む "野外アートが映える町、上野"

| | コメント (2)
|

2017年11月 8日 (水)

お燈明って?

先日、神棚のお燈明が壊れたので100円ショップに買いに行った(お燈明を100均で、って不謹慎かしら。まあ、父なら許してくれるでしょう)。なかなか見つけられないので店員さんに「お燈明はどこですか?」ときいたら、「え?」と不審げな顔。「お燈明ですが」ともう一度きくが、通じない。そこで「仏壇などに…」と説明を始めたら、「仏壇用品は○○のそばにあります」と答えが返ってきた。
言われた場所の近くまで行ったが、やっぱり見つけられない。そこで別の店員さんにもう一度きいた。同じことの繰り返し。私も二度目は最初から「仏壇用品」と言えばよかったのだが、自分が求めているのがお燈明だからつい、ね。
さて、やっと見つけた商品の名は「LEDろうそく」。何種類かあるそれらのすべてに「燈明」という文字はない。う~む。商品名がそうだから、「燈明」はもう通じないのか。
時代かしらね~。ちょっとショックなのでありました。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧