2017年9月10日 (日)

道産子力士

98日 「道産子力士」(相撲博物館)
170910kokugikan1 2日後には大相撲が始まって、相撲博物館にも相撲のチケットがないと入れなくなるので、今のうちに、と。もっとも相撲が終われば又入れる。

道産子の関取は平成12年を最後にしばらくいなかったが、267月場所で旭大星が十両に昇進し、100人目の道産子関取となったそうだ。
この9月場所に十両昇進を果たした矢後も北海道出身だが、この展示が始まった時にはまだ幕下だったためか、矢後の名前はなかった。ちなみに、私は矢後が全日本相撲選手権(だったと思う)で優勝したのをテレビで見ており、相撲漫画に出てくる典型的ないかつい顔が怖くて、ずっと「矢後は顔が怖い、顔が怖い」と言い続けていたのだが、角界に入ってからの顔は案外愛嬌があり、前言撤回。というわけで矢後は今場所の超注目株なんだけど、初日は惜しくも同じ新十両の大成道に負けちゃったね。
閑話休題。
170910kokugikan2 道産子力士と言えば、北の湖、千代の富士といった名前がすぐに挙がるだろうが、私はもちろん北の富士ね。その師匠の千代の山の化粧まわし三つ揃いは、横綱が富嶽三十六景神奈川沖浪裏で、太刀持ち・露払いは宗達の風神雷神図であった。
吉葉山の三つ揃いは、1951年ベネチア映画祭でグランプリを取った「羅生門」にちなんだ柄。平成195月場所後に白鵬が明治神宮における奉納土俵入りで使用したそうだ(へぇ~)。
大鵬の三つ揃いは「体」「技」「心」(横綱が「技」)。大野伴睦書だそうで、これも「へぇ~」。
北の富士は三つ揃いではなく、還暦の時に使用した赤綱が展示されていた。平成14223日、ホテルニューオータニの特設土俵にて、還暦土俵入り。太刀持ち九重(千代の富士)、露払い八角(北勝海)、呼び出し三平、行司は第32代伊之助(後に31代庄之助)。
北の湖の三つ揃いには解説がなかったな。
千代の富士の三つ揃いは露払い・太刀持ちはウルフにちなんだ柄で、横綱のには53連勝にちなみ「ⅤⅩⅢ」と刺繍されていた。
北勝海は和田光正による金彩友禅で、横綱には龍、露払い・太刀持ちには獅子。大乃国は「人」「地」「天」。
ビデオでは北海道出身の上記8人の横綱の土俵入りや一番を流していた。道産子横綱大号は千代の山だったんだ、と今さらながら知る。さらに千代の山は私の記憶にある最初の横綱でもある(歳がわかっちゃうけど、今さら若ぶることもないよね)。ビデオは北の富士からカラーになっていた。やっぱり北の富士が最高だね。
相撲博物館はもちろん、場所が近い国技館周辺は楽しい!!
記念に9月場所の番付表を買った。このあと、まだ行くところがあったので、くるくる丸めて破かないように、できるだけ皺をつけないように、気を遣ったわ。


続きを読む "道産子力士"

| | コメント (0)
|

2017年3月17日 (金)

どうなる上野

170317ueno 昨日、上野に行ってびっくりした。駅前が思い切り変わってたんだもの(写真左側は文化会館)。いつの頃からか、駅前が工事中で、めぐりんバスの停留所が離れてしまい不便になったからトーハクに行くのにも歩くようになった。文化会館の前では樹木を囲う土台がどうこうって注意書きがあった。
そして昨日、風景が変わったのには驚いたが、じゃあ、前はどうだったっかと言うと正確には覚えていない。風景っていつもそう。なんか変わったことはわかるのに、前はここに何があったっけと覚えていない。

ところで、上野公園については
23日前の新聞で『どうする? 上野公園「玄関口」』という記事を読んだばかり。昨年末、公園口エリアの樹木伐採計画が持ち上がり、反対署名によって伐採は中止になったこと(私、なんにも知らなかった。中止になってよかったぁ)、上野公園を<風格ある広場>にしようと駅前をロータリー化するプランがあるtことなどが書かれていた。噴水広場の大改修はその一環だったらしい。
たしかに噴水広場はきれいになった。でも、<風格ある広場>ってなんだろう。私は今のままのちょっと雑然とした公園入口も、気の置けない上野の森も好きだけどな。そのくせ、整備されたらされたで何となく満足してしまうような気がする…。

 

 

| | コメント (2)
|

2016年12月14日 (水)

討入の日に

161214gisisai2
国立劇場で討入を見たあと泉岳寺へ。
赤穂浪士の墓参は何年か前にしたことがあるが、12月14日は初めて。

161214gisisai
屋台も出て賑やか。まさにお祭り。一方で、お線香を買って墓前に手向ける人たちが長い行列を作っていて、忠臣蔵は日本人の心に生き続けているんだなあと思った。本懐を遂げた塩冶浪士たちに涙したばかりだったので、私も一人ひとりの名前を仮名手本の登場人物に重ねて手を合わせた。
161214sengakuji

| | コメント (0)
|

2016年12月10日 (土)

今日も上野で

161210ueno2
冬の桜並木
161210ueno
銀座線上野駅のホームドアがこんなにかわいくなってるなんて知らなかった。

| | コメント (0)
|

2016年12月 2日 (金)

初冬の街で

161202mitukoshi
今日、久しぶりに銀座を歩いたら↑。
美術館も劇場もほとんどいつも往復だけだから。

161202budokan_2
黄葉の中の玉ねぎ。
こちらは11月最後の日。近美工芸館からの帰り、北の丸公園を通ってみた。初冬満喫。
銀座も北の丸もテンション上がった。

続きを読む "初冬の街で"

| | コメント (0)
|

2016年11月 8日 (火)

初紅葉狩

161108tohaku

トーハク庭園

1108ueno

やや紅葉気味。
ちょっと早いのはわかっているのだけど、遠くに行かれない私にとって上野は紅葉狩に最適の場

| | コメント (0)
|

2016年10月 1日 (土)

初・入間市で

161001iruma
入間市駅前。10月7日は入間場所だそう。
161001iruma2
こちらは市役所前(だったかな)。駅前でもこちらでも一番目立つ八角部屋の「大輝関」は所沢市出身だったのねえ。9月場所で十両優勝したから、ご当地では盛り上がるでしょう。


ところで、入間市駅とか和光市駅とか川越市駅とか(いまのところ、それしか思いつかない)、どうして○○市駅なのか、ず~っと前から気になってしかたない。


| | コメント (2)
|

2016年7月 9日 (土)

都会を歩いていない証明?

160708marioart
初めて見る光景に「なに?なに?、あれ」とそばにいる息子にきいたら、マリオカートだと。楽しそう。外国人に人気なんだって(わかるわかる)。
新宿とか銀座とかあっちこっちで見かけるよ、って。その後娘からも見たことがあると聞いた。私って、よっぽど都会というか繁華街を歩いていないのね(たいてい地下鉄・地下道⇔目的地だから)。

| | コメント (0)
|

2016年4月30日 (土)

「芹沢銈介のいろは」:その魅力

428日 「芹沢銈介のいろは――金子量重コレクション」(東京国立近代美術館工芸館)
160430kogeikan
ぜひ見た方がいいと強く勧められたので行ってきたのだが、と~~ってもよかっ た。まず、工芸館の建物が素敵。推薦者には建物は晴れの日に見てほしかったと言われたが、雨の中にしっとりと佇む工芸館だってとても魅力的だ。中へ入る前に夢中で写真を撮ってしまった。
芹沢銈介さんは人間国宝だということだが、正直あまり関心のある分野じゃなかったこともあり、恥ずかしながら今回 初めて知った(ただ、作品のいくつかは160430serizawa これまでに目にしたことがあると思う)。紅型に魅せられて本格的に染色家の道に進んだとのこと。その発想の独創性や型染の魅力にぐいぐい押された。何しろ最初に展示されていた「型染伊呂波文六曲屏風」にぐっと心を鷲摑みにされてしまったのだ。ひらがなの「いろは~」に文字をモチーフとした絵が組み合わされている(「と」→塔、「ひ」→屏風などのように)。これがずっと眺めていても飽きない。「いろは~」を型染にした着物なんかお洒落で着てみたい。
のれんがまた素敵で、そのデザイン制作過程の一端がわかるような展示もあり、興味深い。
一番好きなのは文字のデザインだが、鶴見神社宮司金子勢次像、阿那律、親鸞上人御影といった人物像の型染も好き。「絵本 どんきほうて」は、ドンキホーテを鎌倉時代の武士に置き換えていて楽しい(これは、凸版、筆彩)。
多くの本の装丁からカレンダー、風呂敷、マッチ箱、酒瓶、茶筒などのラベルまで、芹沢さんのデザインは幅広い。何十年も前、小学校の自由研究でマッチ箱のラベルを集めた私だが、もしかしたら芹沢デザインのものがあったかもしれないなんて。
「大原美術館」、「沖縄老女」など、タッチの早さを感じる肉筆画もとても魅力的だ。ああ、自分も絵が描けたらなあとつくづく思う。
自分は初めて知ったくせに、ちらほら見かけた外国人の鑑賞者にちょっと鼻が高い気持になった。
会期は58日までですが、私も強く推薦します。

続きを読む "「芹沢銈介のいろは」:その魅力"

| | コメント (0)
|

2016年4月10日 (日)

今年は想像で楽しむ播磨坂さくら並木

160410harimazaka1
今年、満開時に行きそびれたので、来年のために偵察に。
160410harimazaka2_2
播磨坂は私の小学校の近く。何度か通ったことがあるが、こんな花見用の(かどうかわからないけど)ベンチがあるとは知らなかった(ほとんど花が散った状態なのにブルーシートを敷いて楽しんでいる人たちもいた)。そもそも桜の名所だなんてことも当時は知らなかった。
来年は絶対、播磨坂→小石川植物園→こんにゃく閻魔→我が出生地ルートを辿るのだ!! そしてこれから機会あるごとに文京区散策を楽しみたいと、強く思ったのでした。

続きを読む "今年は想像で楽しむ播磨坂さくら並木"

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧