おいしいもの

2017年3月20日 (月)

あの味求めて

15年以上も前、ベルギーからニースに行くEU国内線(当時は安いサベナ航空を使ってフランスに行っていた。でもサベナ倒産しちゃった)のサービスで出た、ほぐしたタラの味(パンにのせて食べる)が忘れられなくて、それから何度も自分で試してみたけど、どこか違う。
結局、スキンレスタラをレンジでチンしてからフライパンで乾煎りしつつほぐし、刻んだキュウリと混ぜ合わせて軽く塩を振り、マヨネーズで和えるところに落ち着いた。それなりに満足していたら、あの味を忘れてしまった…。

| | コメント (0)
|

2017年3月16日 (木)

初白謙

先日、白謙のかまぼこをいただいた。
これまで口にする機会がなく、初白謙。
東日本大震災の津波で壊滅的な状態に陥りながら、4カ月後には製造を再開したということはテレビの報道等で見聞きしていた。口に入れた瞬間、そういう報道が思い出され、ちょっと涙が出た。
酒によし、ごはんによし、その美味しさにすっかりハマってしまった。東京でも入手できるようなので、これからは時々食卓にのせよう。

続きを読む "初白謙"

| | コメント (0)
|

2017年3月 9日 (木)

自炊自賛

土鍋で鯛飯を作った。
プレバトで「分とく山」の野崎洋光さんが作り方を紹介していたのを見て以来、作ってみたくてしょうがなかったのだ。でも私、実を言うと土鍋は持っているものの土鍋でご飯を炊いたことはない。プレバトでは、「鯛めし」の作り方は教えてくれても、土鍋で炊飯する際の火加減や時間は教えてくれなかった。
3
合も米研いじゃったから失敗したらとんでもないことになる。そこでネットで炊き方を見つけ(ほんと、ネットって便利、ありがたい)、その通りにやってみたら、プレバトで合格するわけはないだろうけれどあんまり美味しくて、何杯おかわりしただろうか。太るぅ~、苦しい~とか言いながら。
次回また作る時のために作り方を書いておこう。
3合(450g
450cc
薄口醤油45cc
45cc
鯛の切り身1
鯛はまるごと1尾を米にのせて炊くとその重みで米が対流しないので仕上がりがべちゃっとしてしまうらしい。で、鯛は切り身を使う(鯛1尾なんて買ったことない。鯛の切り身が安い時に2切れ入りの1パックを買う。2切れでも十分)。
土鍋に米と水、薄口醤油(私は薄口醤油がわりに白だしを使うが野崎さんはだしはいらない、水で十分と言っていた。だしを使うと味が濃すぎるらしい)、酒を入れて蓋をして一煮立ちしたら、焼いた鯛の切り身を米の上にのせて炊く。
ここからはネットで見たコメの炊き方(鯛をのせた場合とそうでない場合とで違うかどうか不安だったがうまくいったので)。
米は十分水を吸わせる(私は30分ほどつけておいた)。土鍋内で浸水させてはいけない(土鍋が水を吸って火にかけると割れる恐れがあるからだそうだ)。その後、しっかり水を切る。
米と水、調味料を入れたら中火で沸騰させる(ここで鯛ね)。

沸騰後は弱火で15分。まだ水分が残っているようだったら強火で10秒ほど。あとは10分蒸らす。
土鍋の中蓋は使わないでやってみた。使っても使わなくてもいいみたい。
写真はぱっとしないのでなし。鯛めしって自分で作る物じゃないと思ってたこれまでの考えを改めました。



| | コメント (0)
|

2016年11月19日 (土)

あめちゃん

161119candy
はまってる。 今ごろって感じ?

| | コメント (0)
|

2016年10月19日 (水)

はまってます

161019chikuwapan2
ごく普通のパン。実は…。

続きを読む "はまってます"

| | コメント (0)
|

2014年10月31日 (金)

あの果物をゲット

141031popo01
見た目はちょっと、なこの果物、いっときテレビで紹介していてすごく話題になったもの。
そういうものにすぐ飛びつく私は、これを栽培している農園(テレビで紹介されていた)に当たってみたけれど、テレビの影響力はとにかく強い。そこに限らず他のネット販売もすべて完売で、来年の予約になるとのこと。
諦めきれず、辛抱強く探してみつけたある農園。ダメモトで連絡したら、まだ間に合うとのことで注文したのが9月下旬。10月下旬の発送をお願いして楽しみに待っていたら昨日、来ました来ました。

141031popo2
黒いのは種(写真ではやたら種が大きく見えるけど、実際はそんなことない)。これを下処理して植えれば8年後(!! 私生きているかしら? 生きていたとしてもその実をちゃんと食べられる状態にあるかしら?)には実がなるらしい。
味はリンゴ+洋ナシ+バナナ+マンゴー+??
トロピカルな味のような気もする。甘くて濃厚で美味しい‼ 好きな味。
このフルーツ、「ポポー」(またはポーポー)という。日本では明治時代から栽培されたそうだが、ほとんど市場に出回っていなかったのは、収穫してから3~4日過ぎると傷んでしまうから。栽培農家も少なかったのが、最近はネットで消費者に直販できるようになったため、徐々に増えてきているそう。
見た目はあまりよろしくないけれど(皮の黒いシミは中身には関係ない)、玄関に宅配便が来た途端、甘い匂いが漂ってちょっとびっくりした。農家では食べごろをずらせるように選んで送ってくれたのだけど、ほんと、あっという間にどれも食べごろになって、せっせと食べなくちゃならないのが大変かもcoldsweats01

| | コメント (0)
|

2014年7月 3日 (木)

戻しても(?)おいしい

ドライマンゴー、そのまま食べても大好きなんだけど、先日、テレビで見た方法をやってみた。
ヨーグルトに半日漬け込む。すると、マンゴーがやわらかく肉厚になって、と~ってもおいしい。それだけでなく、乳製品苦手な私でもヨーグルトもおいしく感じられたし(ヨーグルトは食べようと思えば食べられるんだけど、食べようと思わないし、食べようと思うとしても思うのにすっごく勇気がいる)。昨日はちょっと漬ける時間が足りなくて、おいしいはおいしいけど、もう少しかなという感じだった。今日は時間を延ばしたらちょうどよくて「う~ん美味delicious」だったのに、何時間漬けたか忘れてしまった(文字通り半日くらいだったかしらthink あんまり漬けすぎてもよくないかも)。

この方法、ヒルナンデスのKALDI特集で、KALDIの人が勧めていたもの。

| | コメント (4)
|

2014年4月29日 (火)

タケノコ、幸せ

昨日、近所からゆでたけのこをたくさんいただいた。
早速、たけのこご飯を作り、それから軽く表面だけあぶって食べてみた。
う~~ん!! こんなやわらかいたけのこ食べたことない!!
御酒が進む進む。
そして今日、まだまだたけのこは残っているので、てんぷらにした。
私は食にさほど関心がないのだが(わざわざ美味しいもの食べに行くとか、並んでまでして食べるとか、そういう熱意はまずない)、もうこのたけのこは、幸せで幸せで
本当にありがたい。
食べ物の中でたけのこ一番好き(って、又変わるかもしれないけど、今はまちがいなく、そう)。

| | コメント (0)
|

2014年3月25日 (火)

400円のぜいたく

14032501tadanobu
日帰りで南座に行ってきた。
run、run、終演直後から最後の乗換電車までとにかくrunで、19:55の終演から3時間半で自宅に着いた。
劇場往復だけで(昼夜の間にちょっとだけ散歩した)何の贅沢もしなかったから、南座限定20個(だったっけ?)の↑をいただいてみた。
四代目尾上松緑スイーツ、タダノブンジャー。
抹茶寒天、柚子寒天、小豆、生クリーム、白玉、あられ、そしてクッキー。美味しくいただきました。
何の贅沢もしなかったとは言うけれど、歌舞伎を見るためだけに京都へ行ったことが最大の贅沢だね。

| | コメント (6)
|

2014年3月18日 (火)

おいしいよ、非常食にも宇宙食

14031701
これは何かというと、グラタン、宇宙食のグラタンです。
14031702
科学未来館で興味半分に買ってきて、何となく食べそびれること約2年半。賞味期限は昨年8月だったか。早く食べなくちゃと見るたび思いつつ、最近になってやっとあけてみた。
フリーズドライをそのまま、何も手を加えずに食べるのでガリッ、ジョリジョリ。ところがひとたび口の中に入るとジョリジョリ感はまったくなくなって、まさにグラタンそのもの。かなり美味しい。ただ、ちょっとしょっぱい。しょっぱいけれど美味しい。
多分、少ない量で高カロリーなんじゃないかと思うし、他にもカレー、エビピラフ、チキンライス、パン、たこやき、アイスクリームなどなどあって、宇宙食は非常食にもってこいかも。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧