ミュージアム

2013年5月22日 (水)

意外と好きかも、ベーコン展~見応え十分オリンピックデザイン展

515日 フランシス・ベーコン展(国立近代美術館)
13052201kinbi へ~、面白そうと会期が始まる前に関心を持ったのは、「知は力なり」のあの1617世紀のイギリスの哲学者フランシス・ベーコンに関する展覧会だと思ったから。
そうしたら、哲学者とは全然関係のない、20世紀のアイルランドの画家のほうだった。ポスターを見る限り、あまり食指が動かない。チケットをいただかなかったらきっと行かなかったに違いない。
26
日までの会期まであと10日とちょっとになってやっと仕事が1日だけあくことになり、朝から出かけた。
13052202kinbi 大まかな感想は、「ものすご~く好きかと言えばそこまではいかない。でも決して嫌いではない。とてもよくて惹きつけられる作品もいくつかあった」というところ。
ベーコンの作品は実はよくわからない。しかしほとんどの作品に丁寧な解説がつけられており、それを読むと、わかった気になって、作品の良さが伝わってくるのである。観客も多くなく、11つの作品をじっくり眺めることができるのもベーコンの理解にはよい(詳細は→ココでどうぞ)。
とくにベーコンの初期である1「移りゆく身体(1940s-1950s)」はわかりやすく、面白かった。「叫ぶ教皇の為の習作」は、ベラスケスの「インノケンティウス10世の肖像」に基づきながら、「戦艦ポチョムキン」からオデッサの階段で転落する乳母車に叫ぶ乳母からインスピレーションを受けているそうだが、はっきりそれがわかる(「日曜美術館」でその場面を見た)。気味の悪さもあるのだが、ちょっと心を揺さぶられるものを感じた。「ファン・ゴッホの肖像のための習作」はかなりいい。好きだ。
2章「捧げられた身体(1960s)」では、ポスターにもなった歪んだ顔の3枚の絵がやはり関心を惹く。ベーコンは同性愛者であり、恋人だったジョージ・ダイアという男性の顔を多重的に描いたような感じの絵が、構図を変えて3枚ある。ポスターやチラシでは一見、気持ちが悪いと思わないでもなかったが、本物を見ると、顔そのものを感じる迫力があって、気持ち悪さはどこかへ飛んで行った。ピンクの背景がとてもきれい。「横たわる人物像3」はまるで踊っているようなポーズである。
ここでは土方巽の舞踊の動画が流れており、そばに展示されていた舞踏譜は、そういうものを初めて見るせいもあってか、非常に興味深い。
3章「物語らない身体(1970s-1992)」3幅対の作品を中心に展示されている。広いスペースで3幅対の作品を堪能できる。3枚の絵が繋がっているようで繋がっていなかったり、やっぱり繋がっているようであったり…。好きなのは闘牛士をモチーフにした「三幅対」。
ベーコンの作品を見ると、人間の身体は「肉」であると思わされる。しかも、その肉は生きている。生きていて、その奥に精神、心があることを思わされる。

エピローグはウィリアム・フォーサイスがベーコンの作品をもとに振り付けた舞踊を、ペーター・ヴェルツが制作した映像インスタレーションが紹介されていたが、ここはそんなに関心なく、ちょっとだけ見てスルー。日本公開は初めてらしいが、関心ないものはないんだもの。
第何章だったか、ベーコン自身が作品について語る映像が流れていた。ベラスケスを見たことがあるかという問いに、「本物を冒涜しているようだから見ない」と答えていたのが興味深かった。ベーコンはいつも写真や画集をもとにして、時には写真をくちゃっと折ったりしながら描いていたのだ。

全作品数33点(エピローグの映像を入れると34)。少ないようだが、かなりの満腹感を覚えた。
なお、ベーコンは大半の作品を「『ガラス+金縁の額』という仕様での額装を指示していました。ガラスの独特の存在感が、見る人と絵の間に『隔たり』を生むことを好んでいたのです。そうした作家の意図を尊重し、多くの所蔵者が額装を当時の仕様のままにしています。その結果、反射が強くみづらいケースもあるかと存じますが、ご了承ください」という注意書きがあちこちに貼られていた。いったいに展覧会でガラスに入った作品は見づらくて苛立ちを覚えることがある。しかしベーコンはそれを狙っていたのだ、と思えば苛立つこともない。意外とすんなりベーコンの意図を受け入れている自分にちょっと驚いた。

この後、同じチケットで鑑賞できるMOMATコレクション」(さすがの作品揃い)、「東京オリンピック1964デザインプロジェクト」を見たが、オリンピックがとてもよかった。とくにシンボルマーク決定、4種*のポスターデザイン決定までの経緯は見応えある(→ココに詳細が出ていた。ぜひご覧を)。あのポスターデザインを手元に置いておきたいがためにカタログを買う気になったが、やっぱり最後は自重した。
写真は4階「眺めのよい部屋」から。ここは窓際に椅子がずら~っと並べられ、休憩に最適。なのにだ~れもいないのがもったいないような、1人占めの贅沢を味わえてうれしいような。
帰りは爆睡し、図録がわりにもらってきた作品リスト(展示作品数が少ないためか、年譜がついているのが嬉しい)を電車の中に置いてきてしまい、後日鑑賞した息子にあらためてもらってきてもらった。

あと、何日もないけれど、ベーコン展、お勧めです。

続きを読む "意外と好きかも、ベーコン展~見応え十分オリンピックデザイン展"

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

国宝・重文の中で静かに信仰を感じる:大神社展

52日 大神社展(国立東京博物館平成館)
130503daijinjaten もうじき展示替えがあるというので、前期が終わらない連休の谷間に、大神社展へ。人だかりがするところあり、悠々と見られるところありで、適度な混み方。さらに、動線がしっかりしていて、あっちへ飛んだりこっちへ飛んだりすることなく、自然と流れていくことができたのは、展示点数が多いだけに非常に評価できると思った(時々、どう動いたらいいのかわからなくなる美術展があるのだ)。「日曜美術館」を見逃しちゃったので予習はできず、5日の再放送で復習しようと思う。
展示品は全国の神社から出展された国宝・重要文化財だらけ。まさにお宝の宝庫(って?!)。神社といえば私には井上ひさしの「闇に咲く花」がすぐ思い浮かぶのであらうが、そういう小さな神社の奥深くにもこんなお宝があるのかな、なんて下世話なことを考えてしまった。もっともお宝というのはお金に換算するという感覚ではなく、本当に貴重な信仰の歴史を語るお宝という意味なのである。そんなたくさんのお宝の中で、大勢の人がいても静かに神への信仰を感じられる展覧会であった。
1章「古神宝」
春日大社、鶴岡八幡宮、熊野速玉大社からの出展で、時代は平安12世紀から南北朝14世紀に亘る(56日までの前期。後期は厳島神社。熱田神宮、一部鶴岡八幡宮から)。表着(うわぎ)、袍、袴など、色褪せたり傷みがみられるものの、往時の神社の存在感を偲ばせるものがある。蒔絵の手箱は箱とともに内容品である化粧道具が展示されていたが、鋏、毛抜、アイライナーみたいなアイブロウペンシルみたいなものが興味深かった。どんな方が使っていたんでしょう。蒔絵硯箱にしても衣類にしても、人間の存在を感じるものは面白い。
2章「祀りのはじまり」
ここには奈良・山ノ神遺跡と福岡・沖ノ島祭祀遺跡からの出土品が展示されている。時代が58世紀。本殿を持たぬ原始宗教はまさに八百万の神を信じる日本人の信仰心の原点である。実は私のかすかな信仰心もどちらかというと、原始宗教に近いものであり、共感を覚えた。
4
5世紀の鏡類はどれもきれいに残っていて見事だが、中で一番目を引くのはやはり「方格規矩鏡」である。TLVの文字(のような模様と言うべき?)が彫られていて、真ん中の正方形が方格、TLは定規(規)、Vはコンパス(矩)に見立ててこの名がついたということだ。
子持勾玉というのは初めて見た。
金銅製雛機は織り機のミニチュアで、実に精巧、見事、一見の価値あり。
日本書紀写本、神代系図、延喜式、海部氏系図といった巻物も貴重でじっくり見ていたら時間がいくらあっても足りない。
3章「神社の風景」
非常に興味深かったのは「春日宮曼荼羅」「日吉曼荼羅」「石清水曼荼羅」「伊勢両宮曼荼羅」「富士浅間曼荼羅」といった曼荼羅図。曼荼羅といえば仏教の世界観を表すものだろうに、なんと神宮が曼荼羅図として描かれているのである。神域を現実世界の浄土として捉える思想を背景としているそうだが、日本の神道は決して仏教と相容れぬものではなくむしろ融合していたことのあらわれだろう。じっくり見ると面白い。

続きを読む "国宝・重文の中で静かに信仰を感じる:大神社展"

| | コメント (4)

2013年3月 9日 (土)

世界最古、世界最小、興味津々印刷博物館

33日 印刷博物館
13030901toppan_2 某団体に加わって印刷博物館を見学した。大日本印刷がルーヴル-DNPならこちらは凸版印刷が運営している。
うっかり、海老蔵公演とダブルブッキングしたかとアセったら、印刷博物館の見学は午前で助かった(そのかわり、早起きがつらい…)けれど、この日は、印刷博物館→昼食→警察博物館(3/4レポ)→ル テアトルと強行軍。
さて、印刷博物館の前にVRシアターで「唐招提寺~金堂の技と鑑真和上に捧ぐ御影堂の美」を見る。これが実に見応えある。半径8m、高さ4m、水平方向の視野角120度のカーブ型スクリーンに映し出される天平建築の粋。金堂修理によって明らかになった複雑な構造は当時の技術の高さを教えてくれる。そしてVRで再現された当時の色のなんと鮮やかなこと。
この映像は2005年の「唐招提寺展」で上映されたようだが、このような大きなスクリーンで見ると、あまりの迫力に酔ってしまいそうなほど。これを見るためだけにここへ来てもいいくらい。次回(いつからだかはわからない)は「江戸城~本丸御殿と天守」だそうで、これもぜひ見に行きたい。
総合展示ゾーンは時間の制限があって、重要なものだけ解説を聞き、10分ほどの自由時間にその他をざっと見て歩いた。
印刷のはじめが宗教と強く結びついているというのは、グーテンベルクの活版印刷でもわかることだが、世界最古の印刷物とされるのは700年代にできた日本の「百万塔陀羅尼」という経典だそうである(印刷された年代が明らかだという意味で世界最古)。従来木版印刷とされてきたが、銅版ではないかという意見もあり、現在論争中だとか。これが展示されており、グーテンベルクの聖書とともに、洋の東西の印刷事始めを見ることができる。
家康が作らせたという活版文字(駿河版銅活字)は興味深い。「百万塔陀羅尼」にも驚きだったが、家康が既にあの時代、そういうものを作らせていたということは全く知らなかった。
あの「解体新書」の本物もあった。フランス版と並列されていたが、フランス版は銅版なので細かい表現が楽にできる。しかし日本版は木版のため、細かい表現がむずかしい。にもかかわらず、見事な出来なのは、浮世絵にみるように、日本の木版技術の高さ故だろう。
活版印刷を体験できる「印刷の家」というのが目を引いたが、今回は時間がなくてパス。か定時開催なので、時間をしらべて、次回個人で来た時に体験してみたい。私が某出版社に就職した当時、活版印刷から電算写植(だったかな)への過渡期で、社が地下に抱えていた活版工さんたちが新しい技術の勉強を始めていたのを記憶している。私自身は思い切り活版印刷で仕事をしてきたので、活版印刷にはやっぱり思い入れがあるのである。
ミーハー的興味心が騒いだのは世界最小の豆本0.75mm角で、現在ギネスに申請中だとか。実は以前に0.95mm角の世界一を作ったのだが、その後ロシアで0.9mm角が作られて世界一の座を下りることになった。そして現在0.75mmが完成しているのだ。顕微鏡で中に書かれた文字(絵だったっけ、何が書いてあったか忘れちゃった)を見ることができる。
ミュージアムショップなんか全然行かれなかったので、やっぱり今度は個人で絶対行きたいと思う。

13030902toppan

おみやげはカードカレンダー。自分でがちゃんがちゃんと
3回色をのせる。

| | コメント (0)

2013年3月 4日 (月)

被災地で活動する警察官の写真展@警察博物館

警察博物館で、警視庁と岩手・宮城・福島県警の被災地での活動を伝える写真展が始まったというニュースをたまたま目にし、ちょうどルテアトル銀座の初日に行くので、その前に寄ってみた(ル テアトルの隣だし)。
ニュースでは、被災された男性が「泣いてしまいます」と語っていたが、本当に、写真を見ていると自然に涙がこぼれてくるのである。
会場にはパネル写真のほか、警察官やそのご家族の手記集もあり、夢中で読ませてもらった。警察官も1人の人間であり、ご家族も我々と同じふつうの家族である。恐怖や自分の身の危険、家族を案じる気持ちがあって当然である。しかし彼らはそれ以上に警察官であることの認識が強い。命を賭して市民を守った警察官、津波の犠牲になった警察官、ご遺体を何とかご遺族のもとに帰してあげたいと必死の警察官、強く痛む心を励まして検視に臨む警察官、原発に立ち向かう警察官。寒い中、毎日毎日読経を続ける僧侶。あらためて感謝の気持ちに震えた。
そう広くない会場(5階)には多くの人が訪れ、丁寧に1枚1枚のパネル写真を見つめていた。
3月10日までやっているそうなので、ぜひご覧
になってください。

警察博物館はず~っと前から関心があったのにいつも素通り。今回はちょうどいい機会となった。
1階は白バイやヘリコプターの展示(写真↓)、2階は警視庁の歴史、3階は殉職警察官(1人1人の殉職状況を読むと痛ましい)の顕彰や警察官の制服展示など、4階は音楽隊、鑑識、コンピュータゲームなど。4階で面白かったのは初代「君が代」が試聴できたこと。イギリス人の作曲らしいが、歌詞に合わないということで現在の君が代があらためて作られたのだそうだ。たしかに讃美歌みたいなメロディーで、これた歌いづらそう。
あと、振り込め詐欺防止ビデオも面白かった。うちにも1度振り込め詐欺の電話がかかってきたことがあるので、実感をもって見ることができた。
そとではレスキュー体験をやっていた。1本のロープで人間を1人、軽々と引っ張りあげられるというのを体験したが、1本に5本分の力をもたせるようにセットされている。引き上げるのは楽だが、設置が大変でしょうときくと、5倍の長さのロープが必要で、それが大変らしい。

子ども用の制服が用意されていて、それを着てレスキュー車の運転台に乗せてもらったり、酸素マスク体験をしている子もいた
なかなか興味深いし、色々な楽しみ方ができる。

続きを読む "被災地で活動する警察官の写真展@警察博物館"

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

開場記念に「歌舞伎 江戸の芝居小屋」を

227日 「歌舞伎 江戸の芝居小屋」(サントリー美術館)
青山斎場から徒歩でサントリー美術館へ。普段は借りない音声ガイドだが、イヤホンガイドの塚田圭一さんの解説だというので今回は借りてみた。作品周辺の歴史や当時の状況などがわかって面白い。
阿国歌舞伎、芝居に興じる人々が描かれた洛中洛外図など、歌舞伎草創期の絵画(屏風絵が豊富)、江戸の芝居小屋、その変遷、台本・絵番付などの資料、歴代歌舞伎座の写真、役者絵等々、盛りだくさんである。中には、山種で見た作品や資料もあり、再会した気分。
貴重な絵画・資料がたくさんある中で、ミーハーな私にウケたのは「市村座場内図」(歌川豊国・勝川春徳合筆)。舞台下手の羅漢台(舞台上に作られた席で、下が羅漢台、上が吉野または通天と呼ぶ。吉野/通天は平成中村座の桜席みたいなものかな)でもろ肌を脱いだ男2人が喧嘩を始め、これを舞台番が制しているところが描かれている。まるで公平問答じゃないか、と大変興味深く見た。
それから「四ツ谷怪談戸板返之図」(豊原国周)も面白かった。中央で伊右衛門が持つ戸板には小平の亡霊が描かれているが、この戸板には紙が貼られていて、それをめくるとお岩の亡霊に早変わりするという仕掛け。
スイス人エメ・アンペールによる「幕末日本図絵」。いかにも外国人のタッチなんだけど、呼び込み、開演前の観客席、暫の舞台、面灯りなど芝居小屋の様子がとても細かく生き生きと描かれて興味深い。
ミーハー心をときめかせてくれたのは押隈。「紅葉狩」の六代目歌右衛門(鬼女)と三代目寿海(平維茂)、「黒塚」の初代猿翁(鬼女)の2点が展示されていた。「紅葉狩」は昭和41年のものだそうだから、かろうじて見ていた可能性もなくはない(毎月見ていたわけじゃないし、この頃にはもう歌舞伎から離れていたかも。記憶は定かではない)。
「三座猿若細見図」(見事に、中村座、市村座、河原崎座が猿若一丁目、二丁目、三丁目に揃っていることに改めて感動)や「守田座移転全図」には役者の住まいも記されているのだが、文字がよく読めなかった。
六代目歌右衛門の着た揚巻の衣裳が2点あった。橋本明治による白地精牡丹図の打掛と東山魁夷による白地精好波に松島図の打掛。直接絹地に描いたものだそうで、まさに一点もの。着用した時の美しさが見事である。
最後に第5期歌舞伎座に使われる絨毯の見本が展示してあった。実際に劇場で見るのが楽しみ。
展示作品はたくさんあってやや疲れたが、展示替え(場面替えだけのものもあり)がやたらにあるようだ。26日から331日までの会期をなんと6回にも分けており、最初の13日間(2/62/18)のみの展示作品は見逃してしまったし、今後再び鑑賞できるかどうかわからないのでもう実際に見ることのできない作品も多々あるだろう。反対に私が見に行った会期しか展示していないものもあるわけだし、ちょっと複雑な気分。
でも、あと1カ月の会期中、一度は足を運んでみてもいいのではないかと思う。

| | コメント (0)

2013年2月25日 (月)

日本の人口、答え

昨日、「答えは明日」と言っておきながら忘れてパソコンの電源切るところだった。
最近、こうやってよく忘れるのよねえ。
先日は、昭和歌謡を夢中になって聞きながら仕事していたら(比重は昭和歌謡>仕事)、歯医者の予約をすっかり忘れ、1時間も経ってから思い出して、慌てて電話して予約取り直し。ちょっと危なくなってきたかも…。

さて、答えは↓

続きを読む "日本の人口、答え"

| | コメント (0)

2013年2月24日 (日)

クイズ、日本の人口

縄文時代から現代までの日本の累積人口はどれくらいでしょう。
これ、先日行った科学博物館に出ていた(科博のはクイズ形式ではない)。
答えは明日。

13022401kahaku_2 13022406kahaku

電車から見て気になっていた科博裏のロケット。やっと近くで見てきた。
13022402kahaku

科博の中から見たクジラ。いつもは外からだから向きが逆。
13022403kahaku

なんと、今月2日に見てきた東北の芸能の、あの鹿踊りである。この前は気仙沼は早稲の鹿踊りだったが、東北一帯にこのような踊りがあるようだ。
13022404kahaku

日本で最初に稼働した電子計算機(真空管式計数型電子計算機FUJIC)。当時、カメラレンズの設計には膨大な計算が必要だったことから、富士写真フィルムの岡崎文次という人が、レンズ設計の自動化を考えて開発。この大きさ、人手の約2000倍になったという計算速度、感動的だった。
13022405kahaku

国産量産車のさきがけとなった「オートモ号」(1925年製の復元)。
全長3030mm、全幅1212mm、総高1636mm、車両重量450㎏、空冷直列4気筒。オーバーヘッド型マグネット点火クランク始動方式。排気量943㏄。
オートモ号は1924年(大正13年)から市販され、4年間で約300台が製造されたそうだ。

科博の展示を色々見ていて、私は生物(人間を除く)より科学技術系のほうが好きなんだなと思った。ぜ~んぜんわからないのよ。でも見ていて楽しい。

| | コメント (0)

2013年2月16日 (土)

楽しくわかるチョコレートのすべて「チョコレート展」

213日 チョコレート展(国立科学博物館)
ず~っと行きたくて行きたくてだったのに、バレンタイン前日にやっと!!
チケット売り場へ降りていくともうチョコの甘い香りが漂ってくる。う~ん、たまらん。当日券は、メトロポリタン美術館展のチケットを持ってると割引になるというので、先月見たチケットたちの中から引っ張り出して持って行き、100円引いてもらった。
会場はプロローグ、ゾーン 1「チョコレートの原点~カカオ」、2「チョコレートをめぐる歴史」、3「チョコレートと日本」、4「チョコレートができるまで」、5「チョコレート・プロムナード~チョコレートをもっと知ろう」、6「チョコレートの未来」から成り立っていて、どのゾーンでも楽しくわかりやすくチョコレートのことを知ることができる。
13021601choco 13021602choco
プロローグではチョコレートで科博が表現されている。写真は科博のシンボルみたいなシロナガスクジラ(写真
1)と蒸気機関車(写真2)。どちらもチョコでできている。蒸気機関車のほうは線路も砂利もチョコ。
13021603choco 13021604choco
ゾーン
1ではカカオの木に実が生っている様子(写真3)を目にし、カカオの実(写真4)を実際に手に取って感触を確かめられる。カカオの実は大きくて硬かった。しっかり乾燥されているみたいで私は軽いと思ったけれど、「重い」と言ってる人もいた。カカオが健康に育つためには菌類が役に立っているが、中には病気をもたらす菌もあって、天狗巣病という病気を発症させる。かつて生産量世界2位だったブラジルは1990年前半にこの天狗巣病にやられて、現在では6位にまで後退しているとのこと。天狗巣病がどんなに恐ろしい病気かわかるというものである。
ゾーン
2では、マヤ文明から始まるチョコレートの歴史を学ぶ。マヤではカカオは王や貴族の特別な飲み物で、カカオ豆は神に捧げられていたそうである。カカオ豆を焙炒するための土鍋や、磨砕するのに使われたメタテという道具、カカオを飲むための容器などのレプリカが展示されていた(撮影禁止)。
やがて交易が盛んになるとカカオはメキシコなど中米へもたらされた。

アステカ時代になるとカカオはお金のかわりとなる。そしてアステカがスペイン人に征服されると、カカオはヨーロッパへと渡るのであった。

13021605choco 1600
年頃から砂糖を加えたカカオの飲み物が普及するが(砂糖にカカオ、まさに奴隷の時代)、ヨーロッパでもカカオは高価であった。その後1828年、オランダのクンラート・バンホーテンがカカオからココアを発明し(バンホーテンのあの缶写真5、最近見ないなと思ったら、1968年に他社に買収されて消滅したんだって)、1847年、イギリスのジョセフ・フライが現在の固形チョコレートの原型を作り、スイスでミルクチョコ、チョコレートフォンダンが作られる。
日本では
1797年、長崎の遊女がオランダ屋敷から「しょくらあと6」を貰い受けたと記載されているのが史料でみられる初のチョコレートである。発売当初からの各社歴代CMポスター、そしてパッケージがたくさん展示されていた。草刈正雄、渡辺徹、三浦友和、山口百恵、中山美穂…ほんっと、懐かしい(しかし撮影禁止なのだ)。


続きを読む "楽しくわかるチョコレートのすべて「チョコレート展」"

| | コメント (2)

2013年2月11日 (月)

コーフンするぜ、鉄博

1月21日 鉄道博物館見学
13021103tetuhaku
2007年10月のオープンから5年と少し、憧れの鉄博を訪れる機会がついにきた。
初めて乗るニューシャトル、興奮して写真を撮ろうと思ったらカメラがなぜか初期化されちゃって、慌てたあまり撮り損ねたし、帰りもなんか撮れなかった。
さて、館内は某団体の見学会に加わっての行動だったため、ガイドがついていたのだが、最初のヒストリーゾーンで鉄道黎明期からの車体たち、
転車台の回転実演、ジオラマにコーフンしまくり写真撮りまくりの私には話はなかなか聞こえず、といって団体行動をそうそう乱すわけにもいかないからどっちつかずになり、これは絶対個人で又来るぞ、と回りながら既にひそかに決めたのだった(鉄博はいつも混んでいるという先入観から、憧れながらも敬遠していたのだが平日はかなりすいていることがわかった。特に午後は小学生の団体も入りそうもないので穴かも)。
というわけで、大した写真がないから2枚だけ。

13021101tetuhaku_2

このおじさん、何してるかわかりますか。

続きを読む "コーフンするぜ、鉄博"

| | コメント (0)

2011年11月 6日 (日)

箱根へプチ旅行⑤:petit princeとpetit france

11110601petitprine
念願の「星の王子様ミュージアム」!! 何もかもがかわいくて!!
11110606petitprince
小さな自分の星に立つ王子様。
11110603petitprince
うわばみに呑み込まれた象もいます。
11110602petitprince_2
ミュージアムの中はサン=テクジュペリの世界。展示品も充実している。
11110604petitprince
かわいいレストランで遅いランチを。
11110605petitprince2

11110607petitprince_2
これは箱根スイーツ。

星の王子様に会いに、そしてプチフランス気分を味わいに、ここへも何度でも来てみたいと思うのでした。
箱根ネタは多分これが最終回coldsweats01



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧