相撲

2017年9月10日 (日)

道産子力士

98日 「道産子力士」(相撲博物館)
170910kokugikan1 2日後には大相撲が始まって、相撲博物館にも相撲のチケットがないと入れなくなるので、今のうちに、と。もっとも相撲が終われば又入れる。

道産子の関取は平成12年を最後にしばらくいなかったが、267月場所で旭大星が十両に昇進し、100人目の道産子関取となったそうだ。
この9月場所に十両昇進を果たした矢後も北海道出身だが、この展示が始まった時にはまだ幕下だったためか、矢後の名前はなかった。ちなみに、私は矢後が全日本相撲選手権(だったと思う)で優勝したのをテレビで見ており、相撲漫画に出てくる典型的ないかつい顔が怖くて、ずっと「矢後は顔が怖い、顔が怖い」と言い続けていたのだが、角界に入ってからの顔は案外愛嬌があり、前言撤回。というわけで矢後は今場所の超注目株なんだけど、初日は惜しくも同じ新十両の大成道に負けちゃったね。
閑話休題。
170910kokugikan2 道産子力士と言えば、北の湖、千代の富士といった名前がすぐに挙がるだろうが、私はもちろん北の富士ね。その師匠の千代の山の化粧まわし三つ揃いは、横綱が富嶽三十六景神奈川沖浪裏で、太刀持ち・露払いは宗達の風神雷神図であった。
吉葉山の三つ揃いは、1951年ベネチア映画祭でグランプリを取った「羅生門」にちなんだ柄。平成195月場所後に白鵬が明治神宮における奉納土俵入りで使用したそうだ(へぇ~)。
大鵬の三つ揃いは「体」「技」「心」(横綱が「技」)。大野伴睦書だそうで、これも「へぇ~」。
北の富士は三つ揃いではなく、還暦の時に使用した赤綱が展示されていた。平成14223日、ホテルニューオータニの特設土俵にて、還暦土俵入り。太刀持ち九重(千代の富士)、露払い八角(北勝海)、呼び出し三平、行司は第32代伊之助(後に31代庄之助)。
北の湖の三つ揃いには解説がなかったな。
千代の富士の三つ揃いは露払い・太刀持ちはウルフにちなんだ柄で、横綱のには53連勝にちなみ「ⅤⅩⅢ」と刺繍されていた。
北勝海は和田光正による金彩友禅で、横綱には龍、露払い・太刀持ちには獅子。大乃国は「人」「地」「天」。
ビデオでは北海道出身の上記8人の横綱の土俵入りや一番を流していた。道産子横綱大号は千代の山だったんだ、と今さらながら知る。さらに千代の山は私の記憶にある最初の横綱でもある(歳がわかっちゃうけど、今さら若ぶることもないよね)。ビデオは北の富士からカラーになっていた。やっぱり北の富士が最高だね。
相撲博物館はもちろん、場所が近い国技館周辺は楽しい!!
記念に9月場所の番付表を買った。このあと、まだ行くところがあったので、くるくる丸めて破かないように、できるだけ皺をつけないように、気を遣ったわ。


続きを読む "道産子力士"

| | コメント (0)
|

2017年1月15日 (日)

超ミーハー的出待ち+アイホン騒動+(断捨離 vs 懐古趣味)

昨日は浅草歌舞伎第一部を見た後、珍しく時間に余裕があったため、両国の国技館へ。
①超ミーハー的出待ち
170115kokugikan まずは豊ノ島関ゲット。でも正面から撮った写真は慌てていたせいかピンボケ。ファンにサインしている時の横顔はきれいに撮れた。なんでサインしてもらわなかったんだろう。出がけにふとサインのことが頭を過り、バッグに筆箱を入れたのに。多分、実物を目の前で見たのと写真が撮れたことにコーフンしていたんだわ。
そこで、この後は、若い女の子たちに交じって、出てくる力士にサインをお願いした。竜電関のサインは書いていただいた紙がつるつるで墨がしみこまず、大失敗(竜電関に申し訳ない)。竜電関は好きなのに。これに懲りて、今度は手帳を出し、千代丸関、宇良関、琴恵光関、錦戸親方(元・水戸泉)にサインをしていただいた。千代丸関と宇良関は写真も撮れた。実は②で詳述するが、iPhonにトラブルが起きて、一時的にカメラが使えなくなってしまったのだが、大好きな宇良関が出てきた時にカメラが使えたのは本当にラッキーだった。手帳は歌舞伎会から送られた薄いものなのでもうサインの余地がなくなってしまった。
この日の成績は、宇良関を除いて竜電・千代丸・琴恵光の3人とも負け。それでも快くサインしていただいて感謝(あとで、出待ちのヌシみたいなおじさんが、「臥牙丸は負けるとサインしてくれないよ、負けたときは顔が赤いからすぐわかるよ」と冗談とも本気ともつかずに言っていたのが可笑しかった)。
十両の力士が3人で出てくるのに対し、豊ノ島関は1人だった。そうか、幕下だと豊ノ島とはいえ付け人がつかないんだな、と勝負の世界の厳しさを感じた。
②豊ノ島関をナマで見て写真も撮ったので嬉しくて息子に即メールをしたら(息子はなぜか私とのLINEはしてくれないので未だにメール)、「写真はないの?」と返信が来た。それで写真を送ろうとした途端、まったく突然にそれは起きた。
なんと、iPhoneの画面がブラックアウトしたのだ。電源ボタンを長押ししても何をいじってもウンともスンともいわない(太陽光でよく見えなかったが、カラの電池とUSBの絵が出ていたようだ)。まだ電池は80%くらい残っていたのに。こんなこと初めてで頭はパニック。幸いすぐそばに公衆電話があったので息子に電話して聞いたら、この問題はよく言われているとのこと。対処方法を調べるから、10分ほど経ったら又電話してって。ここのところ、コンデジの調子も悪く、荷物を減らすためにもカメラは携帯しか持っていない。せっかくのミーハータイムでもあるうえに、この日は友人と待ち合わせをしていて、時間も場所も行き当たりばったりだったので連絡がつかないと会うこともできない。
何とかならないかと電源ボタンの長押しを何度かしていたら、おお 電源が入った。入ったことは入ったんだけど、この後も3回ほどブラックアウト状態になりその都度10分ほどで電源が戻る、の繰り返し。まあ、なんとか友人とも連絡がついて無事会えてよかった。

続きを読む "超ミーハー的出待ち+アイホン騒動+(断捨離 vs 懐古趣味)"

| | コメント (0)
|

2017年1月 8日 (日)

ショック、初場所初日

当然、解説は北の富士さんだと思って、ちゃんと録画予約もして、テレビをつけたら、「正面解説は舞の海さん」
って? 頭が混乱していたら、
「北の富士さんは体調不良のため今場所はお休みです」
とのこと。
いきなり大ショック。
年末の「大相撲この1年」で顔色がどうなのかなあとは思っていたのだけど、休むとは考えてもいなかった。
正直、楽しみ半分になってしまったけれど(北の富士さんの解説は一語一句聞き逃さないようにしているので、その分は楽といえば楽…とはいえ)、とにかく熱戦を期待しよう


北の富士さん、
12月に心臓の手術をしたらしい。お大事に。心配だけど、3月場所をまた楽しみに待っています。

今日は天覧相撲だった。両陛下のお姿を拝見したらなんか涙が出てきた。

| | コメント (0)
|

2016年11月28日 (月)

同感同感

また、大相撲の話です。
栃ノ心の太もも、私は以前から取組を見るたび毎日のように、「栃ノ心の太ももの太さは半端じゃない。絶対太い。一番太い」と繰り返していた。そうしたら、九州場所千秋楽に栃ノ心と対戦した石浦について「仕切ってて恐ろしかったと思うよ。そばで見てるとすごい体しているもの。居間で見ててもこわい」と北の富士さんが言い、それを引き取って舞の海さんが「映像じゃわかりにくいかもしれないけれど、お尻から太ももにかけての太さは驚異的」と言ったから、そうだそうだ、やっと栃ノ心の太ももの話が出た、と快哉。太ももの太い力士はもちろんほかにもいるんだけど、栃ノ心は全体的なバランスとしてお尻から太ももが本当に太いのよ、それも肉がぎっしりって感じ。栃ノ心は怪我で幕下まで落ちて、這い上がってきたので応援している。今場所は10勝5敗といい成績でよかった。

いつになったら本当の力が発揮されるのか、それともあれは幻だったかの逸ノ城。ウエイトトレーニングで胸の筋肉をつけたいと言っているという本人について北の富士さんが「ウエイトトレーニングもいいけど、もっとシコを踏んでぶつかり稽古をして」と色々苦言を呈していると、アナウンサーが「大器なだけにね」。すると北の富士さん「そうですよ、どうしてくれるんですか。今ごろは横綱になっていなければおかしいんだから」って。そうだそうだ、私だってあんなに期待して、しかも川口に部屋があるんだから、よっぽど後援会に入っちゃおうかと思ったほど。ほんと、どうしてくれるのよ、って感じ。

14日目、館内が凍りつくようなことがあった。英乃海が琴勇輝の一撃で土俵に落ち、うつぶせになったまま起き上がれなくなってしまった。何とか車椅子で退場したが、脳震盪を起こしたのは心配なことだ(脳震盪って、ほんと危険らしいよ)。千穐楽に北の富士さんが「顎を上げて相撲を取るので心配していた」と言っていたが、実際10日目の解説で英乃海について顎を上げ過ぎだと(「ほとんど毎日天井向いて相撲取ってる」)と注意したばかりだったのだ。まさに北の富士さんの心配が当たってしまった。「僕も経験あるからよおくわかるんだ」と言った途端アナウンサーが「福の花から一発くらったことがある」。NHKのアナウンサーって、すぐにデータが出てくるし(これって、事前の打合せかなんかでその話が出たんだろうか)、決まり手もすぐに言えるし、すごい。

5日目の千代翔馬と荒鷲の対戦。北の富士さんが「この2人よく似てるからどっちがどっちかわからなくなる」と言っていたけど、私もずっとそう思っていたから、イェイ。でも、今場所後半、やっと2人の区別がつくようになってきた。私は以前、峰崎親方夫人が「この子は本当に性格のいい子。優しい」と言っていたのを聞いて以来、荒鷲に注目しつつ応援もしていた。優しい性格が裏目に出るのかあまり成績がぱっとしなかったが、今場所は11勝をあげたからよかった。もっとも10日目、貴ノ岩戦で立ち合い変化して勝ち越したのは感心しない(しかも、最初から狙っていたというから、なおさら)。北の富士さんも変化については厳しい指摘をしていた。「千代の富士も北勝海も変化したのを見たことがない。したい時もあっただろうに。それを僕はちょっと誇りに思ってるんですよ」という北の富士さんの言葉に感動しつつ、大きく頷いたのであった。

そして高安が
今場所負け越したことについては、他の解説も指摘しているが、体を大きくし過ぎたのが原因だと言い、「余計な体重はいらない。みんな、体が大きくなれば当たりが強くなって相撲が強くなると思い込んでいるフシがある。過去の名横綱・名力士の多くは中くらいからちょっと上くらい。相撲には取り頃というものがある。大きければいいという妄想にとりつかれてはだめ」。これにも同感だ。体が大きすぎると怪我も増えるリスクがあるもの。

相撲が終わって寂しくもあり、ほっとしてもおり。 横綱鶴竜の優勝は、先場所の豪栄道同様、怪我の苦しみを乗り越えたことを思い、本当におめでとう‼︎

| | コメント (0)
|

2016年11月20日 (日)

やっぱりラジオが面白い

北の富士さんの相撲解説のことです。
今日、九州場所中日はテレビ解説かと思ったらラジオ。テレビは録画できるけど、ラジオはずっとついてなくちゃならない。それに、時々交通情報が入る。リスナーは相撲ファンばかりじゃないし、車に乗っていれば交通情報は大事だからそれは当然だけど、せっかく面白い話の時になあ、と歯がゆい思いをすることもある。
そのひとつが、勢 vs千代の国。交通情報の後、「反射神経」とか北の富士(以下、敬称略)が言っているのが聞こえて「それを見ている北の富士さんもすごい」と沢田石アナが驚くと「いやいや退屈だから。そう見えただけで俺の話は本当かどうかわからない」。どうやら、勢の歯が折れたことについての話らしいが、詳細はわからない。最後は北の富士が「はは~、なんて」。後で録画を見たら、確かに勢の歯が折れたようで、自分で口の中から取り出していた。
今日も、面白い話がたくさんあるんだけど、そのうちのいくつかを。
北勝富士の四股名が師匠の北勝と北の富士の富士をもらったことについて(このこと、しょっちゅう触れられる。北の富士解説の時にはとくに)。「後から聞いたんだけどね、そういうわけだと。北の富士の富士じゃいけないんじゃないの? 千代の富士の富士と思えばいいんだな。伯父さんになるね」。って、このエスプリ。
遠藤 vs 佐田の海で、遠藤の人気について「羨ましいね。負けてもこの人の人気は衰えていかない。何かお客様に訴えるものがあるんでしょうね。いい男だけじゃこうはいかない」。沢田石アナが「北の富士さんもいい男」と持ち上げると「どうでもいい男だ」。私はこういう返しがすごく好き。
豪栄道が優勝したことで、稽古を見学にくる人たちが朝から大勢来る。九重部屋では「千代の富士、北勝海が優勝を続けていたからしまいには飽きて来なくなった。又ですか、って。たまにするからいいんだよ」。
北の富士の名誉のために言っておくが、人を食ったような話ばかりではなく、ほとんどがちゃんと真面目な解説だし、ちょっとじんとするような話もあるのよ、北の富士の解説には。

続きを読む "やっぱりラジオが面白い"

| | コメント (0)
|

2016年11月 5日 (土)

振り返る9月場所-はまった幕下以下の取組

大相撲九州場所初日を13日に控え、昨日4日の「徹子の部屋」は北の富士(9月場所で、今日5日は「がっぷり総見」、また深夜の「はくがぁる」は相撲学ということで、私の中の相撲熱も徐々に盛り上がりつつある。
そこで「がっぷり総見」に倣って9月場所をちょっと振り返ってみた。9月場所は、悪いことに幕下以下の相撲を見るのにはまってしまって…。ま、徒然なるままに。
その前に、9月場所の北の富士解説で一番ツボだったのが、11日目の審判交代時、豪栄道 vs 稀勢の里の先々場所、先場所のビデオが流れた後、「お客さんに話しかけられていましたね」と言う大坂アナへの返事。「長生きしてねと言われましたよ」。大坂アナも「それはみんなが願っていることではあるんですが」と苦笑?


・けっこう年配の力士が多い。三段目は80何枚、幕下は50何枚もあり、十両から幕内に上がれるのはほんの一掴みであることがわかる。十両以下で相撲人生を過ごす力士がたくさんいるということだ。芝田山部屋の翔傑は40歳、通算出場896回で、九州場所では900回を目指す。こういう力士を応援したくなるではないか。
・三段目くらいになると元幕内や元十両力士もいるから身体が出来上がっていることも多い。元幕内、元十両は怪我で落ちている人も多いわけで、栃ノ心みたいにそこから又這い上がっていく力士もあり、やっぱり応援したくなる(9月場所序の口優勝の舛の山、頑張れ!!)。もっとも、こう力士の怪我が多いと、相撲界全体で何とかしてほしいと切に願うわ(そもそも、大型化し過ぎだよね)。
9月場所限りで引退した三段目の琴仁成(花道で師匠の佐渡ヶ嶽親方から花束をもらっていて、じ~んとした)、引退後は理学療法士の勉強をしたい、怪我をしない力士を増やしていきたい、経験した者にしかわからないが事前に伝えれば怪我が減ると思うと語っていたそうだ。
9月場所での引退は、ほかに三段目の十勝海(八角部屋)、序二段の大天佑(山響部屋)。大天佑は名前からもわかるように、北天佑の二十山部屋に入門したが、親方の死去に伴い北の湖部屋に移った。36歳。引退は時天空も含めて14人。
豪栄道の同期が下のほうでまだ取っている。引退して親方になった人も、残って相撲をとっている人も、みんな同期の優勝を喜んでいるのが、とても嬉しい。
・幕下の諫慎、豪栄道の付け人である。前日のインタビューを間近で見ていた時には込み上げてくるものがあって大関の顔を直視できなかった。かつて自分が膝の大けがをした際に豪栄道に絶対くさるなと声をかけてもらって、それに支えられて今がある(序の口まで落ちたんだそうだ)。怪我を乗り越えた大関は憧れの存在。少しでも近づきたい、と語っていた。千穐楽の取組は思いっきり気合いが入って鳰の湖に勝った。やっぱり怪我、怪我、怪我との戦いなんだ。
・仕切が近くて、誰だったか、仕切り線を越えて手をつき、注意を受けていた。
13日目に4分半を超える取り組みがあった。時計係の審判がそわそわして、4分を過ぎたところで審判長に手振りで合図していたが、そのまま勝敗がついた。幕下以下で水が入ることってないのだろうか。
14日目にはじめて十両で相撲を取った幕下の明生(立浪部屋)、相手の朝弁慶に勝利し、力水のつけ方を呼び出しさんに教わっていた。部屋の先輩にも指導してもらったそうだが、柄杓の持ち方とか確認していたのが初々しい。
14日目ともなると、それぞれの段の上と下は1番が大事(もちろん、どの力士も11番が大事だけど)。この1番で上に上がれたり、下に落ちたり。十両、幕の内は6番が目安らしかった。安美錦は6番勝てば十両残留と言われていたが、見事勝ち越した。相撲の取り方を知っている、さすが。天風は1番足りず十両落ち。

続きを読む "振り返る9月場所-はまった幕下以下の取組"

| | コメント (0)
|

2016年10月 1日 (土)

初・入間市で

161001iruma
入間市駅前。10月7日は入間場所だそう。
161001iruma2
こちらは市役所前(だったかな)。駅前でもこちらでも一番目立つ八角部屋の「大輝関」は所沢市出身だったのねえ。9月場所で十両優勝したから、ご当地では盛り上がるでしょう。


ところで、入間市駅とか和光市駅とか川越市駅とか(いまのところ、それしか思いつかない)、どうして○○市駅なのか、ず~っと前から気になってしかたない。


| | コメント (2)
|

2016年9月25日 (日)

やったね、豪ちゃん!!

すごいすごい!!
カド番からの、そして初優勝の全勝。
もう、興奮したよ。

| | コメント (0)
|

2016年9月24日 (土)

豪栄道関、おめでとう!!

大関豪栄道が初優勝を決めた。
今日は川口リリアで巡業西コース観劇のため、相撲は見られない。もちろん録画はしたが、帰宅するまで待てず、幕間に大相撲アプリで結果を見ちゃった。
帰って録画を見て、もらい泣きした。
13日目の日馬富士との睨み合いは迫力あったな。行司が分けた場面なんて初めて見た。

豪栄道はたしか大関になった途端に怪我をして、2年間いい成績を残せなかった、どころかカド番を何度も経験し、私は気の毒な気持ちもあって、ずっと応援していたのだ。関脇のままだったら名関脇で終わるはずだったという声もあった豪栄道がカド番脱出初優勝とは、本当に嬉しい。誰の負けがもたらしたものではない、自らが毎日勝ってつかんだ優勝だ。気を引き締めて全勝優勝を!!
反対に稀勢の里は…。私は個人的にはこれまで優勝はまず横綱に、と思っていた。しかし今場所は稀勢の里に優勝させたかった(誰だってそうだったろうな)。これまでも何か1つ足りなかったんだろうが、今場所はその上に土俵の神様に見放された感じがする。大関としては抜群の安定感のある稀勢の里だし、毎場所毎場所綱取りの重圧に耐えていい成績を残すという精神力の強さももっているのだから(豪栄道とは違った意味で苦しい日々だったと思うよ)。
問題は照の富士だな…。今年はカド番→脱出→カド番→脱出→カド番の連続で、大関としてみっともない。土俵に上がる以上は大関らしい相撲を見せなくちゃ。大関陥落してもいいから休場して怪我をしっかり治せばいいのに。照の富士なら絶対又這い上がれるよ。大好きだからこそ、そう言いたい。
しかし、カド番を繰り返してきた琴奨菊と豪栄道が優勝し、一番安定している稀勢の里が優勝できないって皮肉だよねえ。

続きを読む "豪栄道関、おめでとう!!"

| | コメント (0)
|

2016年2月 9日 (火)

北の富士名言集

今ごろなんで相撲の話題? というのは北の富士さんが好き過ぎて、嵐山光三郎さんとの対談「大放談 大相撲打ちあけ話」を買ってしまったから。とにかく面白く手面白くて電車の中で思わず吹き出しそうになったこともたびたび(ただ、誤植が多い。つい鉛筆でチェックしちゃったりして)。そこで、最近の北の富士さんの名言を大相撲のテレビ中継から(初場所千穐楽はまだ録画を見ていないの。2時間もあるからなかなか余裕がなくて)。

H27
9月場所
「色の黒い人が強い。夏巡業でよく稽古しているから

北の富士名言ではないけど、この場所、栃ノ心が三役に復帰した。戦後、幕下からの三役復帰は琴風(西
30)、龍虎(西42)に続いて3人目だそうだ。栃ノ心は西55枚目からの復帰で当然第1位の記録。だから応援してたんだけどな(太ももがめちゃくちゃ太いよ)。しかし怪我人が多過ぎるわ。初場所は照ノ富士が休場しちゃって寂しかった…。
それから、初日懸賞:結びに49本。1日21の取組に165本の懸賞。1日の懸賞数として最多。18番に懸賞。3番は無懸賞(このことについて、北の富士さんが気の毒がっていた)。


H27年九州場所
「胸毛、背中の毛が密集しているのは稽古していないから。稽古すれば、擦り切れてまだらになる」
これは確か、初日の高安についてだったと思うけど、その後高安はそんなに成績悪くなかったような…。としても、結果として北の富士さんの期待以下だったかも。

H28
年初場所3日目、豪栄道が栃ノ心に負けて
「土俵がそこにあることを身体が忘れている、あんなに大きく踏み出すんだから。稽古が十分だと何も考えないで身体が反応する、これだけ下がれば土俵がそこにあるとわかる。あれだけ踏み出しても自分で意識がないということは相当感覚が狂っていると言うしかない」

豪栄道、頑張れ!!

H28
年初場所
「稀勢の里の仕切りの歩幅が狭い。腰をガッと割って膝を曲げて下から寄るという体勢は今の歩幅ではできない」

日本生まれの力士の優勝が10年ないことについて。
「しつこいと言われているが、老い先短いから早くしてもらわないと」

これには異論があるけれど、老い先短いからいいか。もちろん、琴奨菊の優勝には心から「おめでとう!!」です。怪我を乗り越え努力が実を結んだこと、本当に感動です(あのガブりには誰も勝てない気がする)。そして結婚もおめでとう!! それにしても期待の先鋒は稀勢の里だったのにね。

H28
年初場所12日目。妙義龍対千代鳳で千代鳳が勝ったことについて
「腹を利用してガブっている、妙義龍が腹の上に乗ってしまった。腹っていうのは無駄にあるんじゃないんだね~」


いつだったか忘れたある日 逸ノ城について
「あの時はすぐにも大関・横綱なんて言っちゃったけど、恥ずかしいわ」
まったく同感‼ とくに川口在住者としては怒りも加わる。相撲関係者はあまり言わないけど親方が悪いわ。もっと出げいこに行かせるとかしないと。


北の富士さん、1人でぶら~っと神楽坂のカウンター料亭やバーに行くらしい。私がそういうところへ1人で入るのは到底無理だから、せめて神楽坂をぶら~っと歩いている北の富士さんに会えないかなぁ、なんていい年してね。

| | コメント (6)
|