前進座

2016年10月22日 (土)

桃八・清之助、最高のコンビネーション:「たいこどんどん」

1020日 前進座創立85周年記念公演「たいこどんどん」(三越劇場)
体調はほぼ回復。ただ、回復期に外出する不安があり、パスしてしまおうかとも考えたが、とりあえず出かけ、具合が悪くなったら途中でも帰ろうということにした。生活圏を越えて出かけるのは7日以来という不安もちょっとあったし。
でも、出かけてよかった。見てよかった。本当に楽しかった!!
「たいこどんどん」は5年前にニナガワ演出で見ている。初めて見たあの時の「たいこどんどん」も面白くて感動したが、前進座の「たいこどんどん」のほうが直球な感じで、入り込みやすかったかもしれない。
はじめは<普通>だったが、主役2人(薬種問屋若旦那清之助:早瀬栄之丞、たいこもち桃八:中嶋宏太郎)のキャラが醸し出す空気にどんどん引き込まれ、気がついたら物語の世界にどっぷり浸かっていた。声を立てて笑ったり、思わず拍手したり、多分客席の大勢も知らず知らずにその世界に引き込まれていたと思う(それが嬉しい)。
清之助の早瀬栄之丞さんがぴったりのニンで、本当に何の苦労も知らずに育った放蕩お坊ちゃまのしょうもなさ、それでも放っておけない可愛さ、桃八を売って筆舌に尽くしがたい苦労をかけたのになんとなく許せてしまう。初見の橋之助さんもとても素敵な清之助だったのに、橋之助さんとはまったくニンの違う早瀬さんは見ているこちらに愛おしさを抱かせる。清之助の裏切りはかなり強烈に記憶に残っているから、初見の時は許しがたかったのかもしれないが、今回は許せてしまう。それどころか、若旦那も苦労したのねえ、なんて思わず同情してしまう(清之助の苦労は自業自得なんだけど、バカな子ほどかわいいってところかも)。桃八も同じ気持ちだったんだろうなあ。
桃八の中嶋さんもぴったりで、心から若旦那が好きなことが素直に伝わってくる。売られた先の鉱山で、若旦那からの使い(お金)を心待ちにして、その期待がだんだん絶望に変わっていく場面があっさりしているのが逆にその辛さを浮かび上がらせる。若旦那を恨み憎む桃八。それが若旦那の顔を見たとたん、すっと溶けていったのが理解できる。とにかく2人のコンビネーションが最高なのだ。
桃八は富本節ができるという設定で、2人が再会してからは清之助の三味線、桃八の語りで何とか稼ぐことができるようになったが、ある時清之助に瘡ができて、演奏をしくじってしまう。瘡、つまり梅毒をうつされたのも清之助の身持ちの悪さゆえ。そのために桃八は片方の足を失ってしまい絶望的になるのだが、そんな時は清之助のほうが希望を見出す。まったく見事なコンビだわ。富本節のことはよくわからないが、中嶋さんはうまいと思った。清之助と再会する前は三味線も演奏していたが、これもうまいと思った。富本節を巡る2人の再会の妙が面白い。
そんなこんなで、ひょんなことから離れてしまい、9年の歳月を経てやっとの思いで帰ってきた江戸はなくなっていた。若旦那の実家、鰯屋もなくなっていた。2人が東北で珍道中を繰り広げている間に江戸は東京になっていたのだ。途方に暮れる2人だが、2人が一緒にいれば絶対逞しく生きていくであろうことが想像できる。つらいラストが全員の歌と踊りで勇気づけられたような気がした。井上ひさし特有の怖さなんだろうけど、それを乗り越えようとする人間の希望と勇気を感じた、メッセージというのではなく。

続きを読む "桃八・清之助、最高のコンビネーション:「たいこどんどん」"

| | コメント (0)
|

2015年8月20日 (木)

「南の島に雪が降る」前進座版

817日 「南の島に雪が降る」千穐楽(三越劇場)
14日の合同公演から4日連続のイベント続きで、そろそろ疲れが出てくる頃。今回の席は前進座に直接電話したら、1列目が取れるということで、三越劇場は最前列でなくても、と一度は断ろうとしたがやっぱりせっかくだからと申し込んだ席。最前列で居眠りこいたらマズいよね~。とちょっと心配しながらの観劇となった。
先般急逝された加藤武さんがこの公演の協力者としてプログラムにもお名前が載っており、ロビーにはお写真とお花が飾られていた。
それから、プログラムと一緒に原作本も買った。

1週間前の中日劇場版とはかなり趣が違うはずという予想通り、相当違った。前回の感想に個人的な思い入れをだいぶ書き込んだが、今回もそうなるかも。その場合、前回と重複するかも。気にせず、がんがんいきます。ちなみに、ぜ~んぜん寝なかったよ。

暗くなった舞台に着物姿で三味線を弾く叶利明(中嶋宏太郎)が浮かび上がる。マノクワリの生き残りで97歳。その年齢にしては若いのは俳優さんが若いからやむを得ないか。加藤を偲びつつ、当時置かれた兵隊たちの状況を語る叶の回想で芝居は始まり、その後も叶が狂言回しとして都度都度状況を説明する。
叶が着物を脱ぎ棄てるとその下は兵隊服で、時代は一気に遡る。ニューギニアでは兵隊たちが道路を造っている。ろくに食糧もなく飢えと疫病と空襲。食べ物をめぐってケンカも頻発する。食べ物といってもトカゲだのネズミだのの話だ。劣悪な環境で多くの兵隊が倒れ、それでも働かされて命を落とす。絶望的な状況下、軍規は乱れる。そこで、慰問劇団をつくる命令が下される。上層部はまた、飢えに対してサツマイモを作る計画を立てる。イモは貴重な食糧となる。父はサツマイモが大好物だった。普通、イモしかない状況で何年か過ごしたら「イモは見るのもいや」になりそうなものだと思うが、父は不思議なことに大好きだったのだ。
閑話休題。村井大尉(山崎辰三郎)、東大出の演劇評論家杉田大尉(姉川新之輔)の進言により、林参謀藤川矢之輔)の前で、加藤(嵐芳三郎)と前川(スペイン舞踊の教師:忠村臣弥)と叶は越後獅子を披露する。竹にサラシをつけて力いっぱい波打たせる加藤と前川。叶の三味線には猫の皮ではなく、なんと、うすい金属が張ってある。湿気で皮が破れてしまい、叶は乾パンの箱にはってあった薄いブリキを皮がわりにしたのだ。器用だなあ。ところで、中日劇場版を見た時、どうして戦地に三味線を持ちこめたのか疑問に思ったが、それが判明した。現地の兵站病院で慰問演芸が行われることを予想して病院長が許可したのだそうだ。
林参謀は演芸とか芸能にまったく興味がないと言っていたが、3人の芸は認められ、演芸分隊を立ち上げるため採用試験が行われることになる。試験当日、集まったのは100人‼ 70何人もの受験者が浪花節をうなるので、さすがに試験官の加藤たちもうんざりする。芸能にまったく疎かった林大尉でさえ、「旅ゆけば~♪(これがうまい‼) 覚えちゃったよ」と苦笑い。こっちはうんざりでも受ける方は必死だ。各分隊の名誉をかけて、貴重なイモやイモの葉を34日分持って出てきているのだ(ニューギニアは大きな島だから、マノクワリのそこへたどり着くまでにそれだけかかるってこと)。壮行会までしてもらった者もいる。落されるわけにはいかないのだ。そういう人には苦肉の策として「二次募集があるかもしれないからまた受験して」と言って帰す。この試験の場面は、中日劇場版ではちょっと眠気がさしたが、今回はとても面白かった。
そんな中で、元コロンビア歌手の森川(沢田冬樹)、カツラ屋の息子塩原(演技もできて、ぼうぼうのヒゲ面なのに、後にそのまま娘役をやっちゃう:岸槌隆至)、仕立屋斎藤(「布さえあれば何でも作れます。和裁も少々…」:木村祐樹)、節劇の役者蔦山(新村宗二郎)、ムーランルージュの脚本家門田(上滝啓太郎)、友禅のデザイナー小宮(芸は披露しない。「美術の学校を出た、舞台装置に興味がある。大工も力仕事も無理。しかし絵を描きたい」:松浦海之助)、僧侶でもある篠山軍曹(博多にわかが得意のナマグサ坊主:益城宏)などが合格する。森川が「たれか故郷を思わざるを歌います」と言ってハーモニカを吹き始めた途端、私の目から涙がぶわ~っと出てきた。
蔦山は、節劇(ふしげき)が加藤の希望ではなかったので不合格と宣告されたが、しつっこく「自分は山口では知られた存在で、かつらぎ一座の團十郎と言われていた」とアピールする。それでも「帰りなさい」と断られる。「帰れない」と蔦山。「帰れ」「帰れない」の押し問答の挙句、「それならジャングルの奥へ行きます」と自殺をほのめかされ、加藤は根負けする(壮行会をしてもらったのは蔦山だった)。そんなこんなで演芸分隊のメンバーが揃った。
今回の芝居で嬉しかったのは、中日劇場版ではあまり目立たなかったカツラ職人の塩原が演芸分隊の一員として大活躍したことである。塩原(この芝居では本名は使っていない)は父の直属部下だったそうなのだ。父に直接つながる関係者の登場だけでなく活躍には本当にわくわくした。ついでに言えば、父は軍医だった。だから加藤のいた兵站病院に父のところを思い重ねて、胸がアツくなるのだ。
そうして、時々空爆を受けながらも、病院で試演会を重ねることで加藤は彼らに舞台度胸をつけさせる。ピアノは篠山が海軍に掛け合って調達することになった。中日劇場版と違ってピアノは登場しなかったが、ピアノの謎もここで解けた。海軍ってほんと何でももっていたんだと驚く。
やがて第1回正式公演が行われる。森川が「君恋し」をハーモニカで吹き始めたから、「え、君恋しって戦前からあった歌なの?」と「???」。そうしたら大正時代に作られた唄なんですって。フランク永井しか知らず、失礼しました。公演には芋焼酎、バナナ、ウミガメの卵などが差し入れられて、ビックリした。女方前川の人気による差し入れらしいので「おい、もっと女方増やそうぜ」に客席も笑い。

続きを読む "「南の島に雪が降る」前進座版"

| | コメント (2)
|